FC2Blog | RSS1.0 | ログイン | 投稿 

digit@l cowboy BLOGstyle

連日放送しているアニメの中から、ジョーの感想をアホのように語るブログ。 アニメ・漫画・映画・スポーツ・ゲーム…と興味はいっぱいv TB・コメント・無断リンクも大歓迎でありま~~す!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
本日の「ケロロ軍曹」の1発目は時期的イベントっつーことで「ひなまつり」でした。
う~ん、なんともパンチの利かない内容の中、異彩を放っていたのが・・・
クルル曹長のペコポン人女体化…(絶句)

お、おいおい~~~~~(号泣)

なんかさー、「やっちゃったよー」って感じじゃん?
なんであそこまでペコポン人化できんのよ。顔だけケロン人のペコポン人スーツの存在意義が一気に消滅したやん!!!
ケロロやギロロが「変な人がいる~~」って白い目で見られつつ着ていたスーツ・・・あそこまで完璧な人化ができちゃったら意味ねーよ。
今までのってなによ? クルルによる羞恥プレイ? ただ単にリアクションみて喜んでいただけ??? 性格歪んでいるにしても、今後のアニメ設定を揺るがす発明なんですけど・・・いいのか???

―――つか、どこでもドアのおかげで登場する機会を失っている未来グッズくらいに切ないじゃん~~~!!!

まー、子安のローテンションでブリブリ女声ってのも味があって受けたけどさ・・・。
なんか、絵書き歌で描かれるキャラが出番多いのかな? ここんとこずっとそーだよね。まー、有り難いことだけどもv
2年目の滑走も決ったことで、ファンとしてはアニメを大事にして欲しいと思っているであります☆

さて、2本目。
ついにダンス☆マン本人が来たぁ~~~ッ!!
いやー、来ましたよ。歌が変わってからの登場ですよ~~(プッ)
お約束の「ダソヌ☆マソ」のパンチは低かったけどね、ぶっちゃ気!! ドロロが瓢箪にアフロビームを吸い込むのを見て、「あれ?」って思ったけど、ラストを見る限りアニメではあれでいいのかもな。見たいと思っていたドロロのアフロ姿も見れたしね~~☆ (タママがないのが残念!!)
しかし冬樹くん度が少ないな~~。来週は「メイゾーン」だから、彼の活躍が今から楽しみだわvv

ところで、我はまだコミックス最新刊買ってないんだよなー。今日は具合悪くなっちゃって、ケロロの後で薬飲んで寝てもうたし・・・明日は張り切ってコミック買いますよ~。ふふふ、タママ待ってるですぅ~~~♪

あ、クルルの絵書き歌!!
線がギスギスしているのが堪らなく好きですわ~。でも意外と今までで一番描きづらいと思うんだけど・・・あれでチビっ子は描けるのだろうか・・・と真剣に考えちゃった(笑)

今後もjoeはケロロ小隊を応援しているであります☆
スポンサーサイト
2005.02.27.Sun 00:00 | ケロロ軍曹 | trackback(0) | comment(0)
久々に[陰陽大戦記]について語りますよ☆

いや~、リクくんがついにヤクモと出会いました。
天龍の青龍であるヤクモとですよ!! は~、これでタカオミの存在が増々?になって来たワケで・・・ビデオ録画(溜め録り)はやめちゃったけど、今後も気になるなぁ~~。

イマイチ、伏魔殿がなんなのか、地龍と天龍はなんとなく解るとしても、人龍(漢字はこれでいいんだべか・・・?)って一体なにをしたい組織なの?!って疑問がいっぱい!!
リクくんが宗家としてはちっと頼り無くて、いつになったら確信に触れて大きな戦いになるのかなー・・・と思い出したのも事実。まー、リクくんもソーマくんも可愛いんだけどね(笑)

ただ、我としては毎回毎回思うのは幼馴染みの桃ちゃんとか言う女が、キーキーと「りっくん~v」って言う度に、我の脳神経がブチブチと切れて行く気がするってこと…(怒)
何なんだよ、あのキーキー声は。かん高くて、超音波みたいな声!! しかも話に関係なく勝手な妄想で「わっ、私とりっくんはただの幼馴染みなんだからーっ!!」って否定型のようでゴリ押ししるとことか、堪らなくウザイですよ・・・(憤怒)
「トラさ~~ん」っていう眼鏡っ子のがずっとマシ・・・やっぱり声のトーンって大事だと思うヨ(疲)

んで、ヤクモですよ。
天龍最強と言われている彼が、1人で人龍を調べて伏魔殿の奥に活動しているのは分かったけどさー、いつになったら表立ってリクくんを助けてくれるんだろ・・・。
でも、トウジン石(漢字解らん)って殆ど地龍に渡ってる気がするね・・・ダメダメだなぁ天龍・・・。まー、次から次へと襲って来た地龍に比べて、天龍って絶対数が少ないよな・・・。

ともあれ、今後も[陰陽大戦記]は見て行きますよ~~v リクくんが可愛いから(笑)
2005.02.25.Fri 00:48 | アニメ | trackback(0) | comment(5)
心が壊れて行く・・・。
足場のない闇にゆっくりと沈んで行くアルベール。
伯爵のことを憎みつつ、親友を死の場へと向かわせて自分が許せないでいる。

母を恨み、行く当てもなく家を飛び出したけど、アルベールの状況は昔とは全く違っていたんだなー。
父の失脚から貴族でもなくなった彼を憲兵が嬲るは、馬鹿にするは、ボコッて痛めつけ、気絶したらバイクまで奪うという・・・。まさに天国と地獄。社会的な転落ってヤツですよ・・・階級社会って辛い(涙)

でも、気絶して見れた幸せだった日の夢・・・。
あの日と変わらないフランツの笑顔がそこにあった。
大好きな人たちに囲まれて青タン目立つ顔に笑みを漏らしたのも束の間。現れた伯爵がアルベールの笑顔を奪うのだー。
フランツを殺したのは伯爵なのか、それとも自分なのか…自責の念に襲われるアルベール。夢の中で伯爵を刺した剣は、知らぬ間にフランツに穿たれていた・・・。
「死ぬな!! フランツ!!」
フランツの名を何度も呼びながら覚醒したアルベールを心配して見ていたのは友人ルノーだった。
眼鏡のどこか愛嬌ある友達はアルのバイクも取り戻し、屈託のない口調でアルベールの気持ちを解そうとする。

今のアルベールにあるもの、それは友達だ。
友達の存在は本当に有り難いもんだよね・・・しみじみ。
フランツという大親友は失ってしまったけど、彼のために手を貸そうとする友達がまだいる。崩れかけた心を優しく張り合わせてくれる友達はなによりも救いじゃないかな。

死んだフランツをルノーは羨ましいと言った。
きっと、「誰かのために自分を犠牲にできる勇気」と「互いに深く結びついた信頼」が羨ましいんじゃないかな…。

ルノーは自分もアルベールの「親友」だと言ったけど、それは本心。
本当の友情ってのは、互いが窮地に陥った時に手を差し伸べられる相手だと思うからね。
辛いけど、自分はまだ独りじゃない―――そう感じることの素晴らしさがあの草原にあったと思う。

今回の、「たとえ、僕が僕でなくなったとしても」では、ついにユージェニーの父にも伯爵の復讐の鉄槌が振り落とされました。アンドレアとの結婚を強制されて、彼女はついに「親の愛」の真実を知ってしまうんだな。
アンドレアに襲われて、自分自身にいよいよ降り掛かって来た不幸。優しいユージェニーはどう立ち向かって行くんだろう。
まー、きっとボーシャンやドブレーたちが助けてくれるのかも知れないけどさ・・・なんだかんだ言って「友達思い」じゃん。

それでもね、アルベールに自分と同じ「愛する者を奪われる気持ち」を味あわせようとする伯爵は立派ですよ。
エデを追い払い、独りで復讐の全てを締めくくろうとする。それはきっと伯爵自身の死でもって完結するんだろーけど、やっぱり我としては「救い」が欲しいんだよね。
巌窟王としての力、伯爵の力の前ではアルベールたちはコワッパでしかないけど、やっぱり真直ぐな気持ちが強大な力の前で折れるのは見たくないじゃん。

心を既に殺してしまった伯爵と、壊れそうな心のアルベール。
結局最後まで自分を捨てないでいる者が勝つって信じたいな。じゃないと、自分の全てを賭けてアルベールを生かしたフランツが可哀想すぎるもんな・・・(涙)

そう、結局は我が行き着くのはフランツであります!!!

今回、ハッキリ言って見るのが辛かった。
仮眠もしたけど、どうも30分おきに目が覚めてしまったりしてね。気持ちもすっごくザワついちゃってさ・・・。
だって、フランツのいない「巌窟王」なんて想像もしていなかったんだよね。彼を救いだと信じて見続けていたから、救いがなくなった後でどー見たらいいんだろうなんて悩んじゃってさ~~。

だから、フランツの葬式に出なかったってゆーアルベールの気持ちが良く解るよ。
だってさ、フランツの死は認めたくないんだよね。
満足そうに、微笑んで死んで行ったけど、人は彼を幸せだったと言うかもしれないけど、隣でいつまでも笑っていてくれるだろう・・・と、漠然と未来を考えていたアルベールにとって、親友の不在というのは認めたくないんだよ。
きっと、フランツとアルベールの立場が逆だったら、彼と同じことをしてしまうかもしれないけど、自分のためを思うんだったら死ぬんじゃないって怒りで出て来る。
自分勝手なのは解るけど、大好きな人にはいつまでも一緒にいて欲しいんだよな・・・。


でも切ないよなー・・・。
フランツはアルベールの周りの不幸の連鎖を止められると思っていたんだからさ。
まだ恨みは断ち切れず、ユージェニーまでもどん底に陥れているなんてさ・・・彼の死は一体どうしたら報われるのよ!!!


今回の救いは、メルセデスはユーパパと違って子供は愛しているってことかな。「2人で暮す程度の貯えなら…」ってちゃんとママじゃないですか!!
まー、メルママは伯爵に昔の恋人を求めたんであって、変貌してしまった後では興味も失せたんだろーけどな。尤も、腹を痛めて産んだわが子を殺そうとした伯爵だからね、懐かしい愛は一気に冷めて恐怖になったんだと思うけども。

アルベール、あと数幕でどう変わって行くんだろ。
凛々しい立派な男になれるかな。
いつまでも、彼の側にフランツがいると信じて、我も残りの時間を見守ろうと思いまする~~~。
2005.02.23.Wed 03:16 | 巌窟王 | trackback(0) | comment(3)
亀パンも可愛いが、我としては河内のカニパンが食いたい・・・。ぴょこぴょこと本当に横歩きするのか、押して押して確かめてやりたい・・・(ウズウズ)

しかし、冠って女声か~~。顔は女顔だけど、性格は腹黒いとこあるから男でいいと思っていたのに・・・チッ
まあ、今回はカツオとその妻に全部持って行かれた気するけどネ。(マツケンも美味しいけどね)




さてさて、サンデーです。
本誌のジャぱん。黒柳の過剰なリアクションで、読者としては退く・・・じゃなくて心配してて大変ですよ!!(笑)
冠はこのまま南東京支店に残れそうな雲行きだし、ちょっとリラックスして見れるようになったなぁ~。

んで、今回は「Major」が巻頭カラー&表紙でしたなぁ。
久々に日本に戻って来た吾郎だけど、「おいおいラブコメモードかよ・・・」って呆れだしたとこに「次号急展開」ってあったからセーフ。どうもメインテーマよりも恋愛濃度が濃くなるとつまらなくなんだよね~~~。

連載1周年でカラーだったのは、最近めちゃ楽しみにしている「思春期刑事 ミノル小林」でありまーす☆
10年後にタイムスリップして、まさかミハルが女子大生刑事で海老ちゃんと結婚しているとはっ(笑)
でもなんだかんだと一番笑ったのは「10年後でも茂野吾郎はまだ…戦っている!!」っての!!! ガハハハハハ!!! しかも絵がそっくりやんけ~~(涙) コミックスも3桁だし、これってこ●亀抜いてしまったら爆笑よぅ!! (こ●亀は何時までやんだろな…我はもう終ってくれていいんだけど)

最近イイなーと思えるとは「道士郎でごさる」なんだよね。
不良のるつぼでかかわり無しで行きたいのに、なにかと取り込まれて悪のリーダー扱いされる健助。なにげに不良を更正させようとしているとこがいいんですな。
つか、道士郎よりも健助の強弱が楽しいんだと思う。たまに主人公ってどっちなんだろって思わんか??

さてさて、語りたいことはいっぱいあるけど、ここまでにしとこーかな。
久々に更新してたら、知らない機能はあるし、スレッドテーマでないものが増えているし・・・なんか微妙~。
2005.02.23.Wed 01:21 | サンデー感想 | trackback(0) | comment(0)
盲導犬を書いた「ベルナのしっぽ」と「ガーランドのなみだ」って本があった。
読みたかったけど、だくだくに泣くだろうし、大体ニ冊になっているしなー・・・と財布の折り合いも考えたりして、何だかんだと読みっぱぐれてた。
[ベルナとガーランド]はそんな2冊の本をまとめて漫画化したものであります~~。

まあ、涙流しっぱなしはよくないけど、感動の涙でちと気分を浄化してもいいんではないかと思ったんだよね。いつまでも巌窟で落ち込んでいてはイカンと(笑)

さてさて、この主人公は「ベルナのしっぽ」と「ガーランドのなみだ」の著者である郡司ななえさんです。
成人してから難病で失明し、結婚して子育てのために盲導犬を・・・と訓練所に行った人です。彼女の夫も盲人で、子育ての手助けにという単純な思いから踏み出した一歩でした。
まあ、現在ではいろんなメディアが盲人と盲導犬について発信して、健常者でも「盲導犬がなんたるか」というものが解るようになって来たけども、彼女が語っているのは過去の話。当時の社会では公共施設である駅でも盲導犬をペットと注意するとこがあったみたい。(原作者の現在の年令が不祥なので、現時点で何年前の話なのかは不明デス)

一番最初のベルナは頑張り屋さんでお利口さん。生まれた息子のいい姉となって、主人公の子育てを手伝って行きました。もちろん。盲導犬を世の中にアピールするお仕事(講演)もしたりして、精力的な活動もしていたんだね~~。大変だぁ。
でも、人間よりも寿命の短い犬は、どうしても盲導犬としてのリタイアを実感させるんだな・・・。
リタイアについては主人とさの家族によつて違うみたい。最後まで看取りたいと思っても、盲人だけの家族では世話もままならないだろうし、家で世話出来る時間がない人もやっぱり無理。
主人公は家族全員でベルナを看取ったんだけど、不幸や悲しみって一度だけじゃ済まないんだよね・・・。

なんと、ベルナの死のすぐ後で、ダンナさんが死んでしまったんですよ!!

うわ~~、不幸の雪崩だよ・・・。
それでも、主人公は息子に励まされて、新しい家族を迎えようとする・・・それが2頭目のガーランドとの出会い。
ガーランドはベルナとは違うって解っていても、永年の癖から勝手が違うと意識しちゃったり、犬にも性格があって、それぞれ違う反応を見せるんだってことに慣れるのに苦労する。
やーっと一心同体になったのも束の間、今度はガーランドが白血病に倒れるワケですよ・・・涙。
安楽死を考えながら、精一杯残りの時間を生きようとするガーランドを感じて、結局主人公は最後まで看取る決意をしたんだよね。

「なんで私ばっかり不幸なの!?」と、主人公が叫んだ。
失明し、盲導犬を2頭も失い、夫にも先立たれる。それは本当に辛いことだと思う。
我は犬好きなので、単純に「盲導犬の無心の愛や献身」を感じただけで、ジワ~~って涙が浮かんだりする。
だけど、よく考えると、この本って言うのは盲導犬がどーだとか、自分の生きた不幸がどうだったとかじゃなくて、結局、人間と言うのは出合いと別れを繰り返すもので、その関係をいかに濃密にして、生まれたなにかを自分に取り入れて成長して行くものなんじゃないかって思ったよ。
誰にでも同情して「可哀想」って言うのは簡単だけど、辛い別れの度に得るものはかけがいがない。悔いのないお別れができた家族に、「頑張ったね、偉かったね」と言ってあげれる人でいたいな・・・。

まー、テーマからして軽いものではないけど、マンガということで引きずられずに読めます。本を2冊買うよりもずっと安いしね~~(笑)
この後は姉にも貸してあげようと思います~。
2005.02.23.Wed 00:58 | 漫画(少女) | trackback(1) | comment(0)
フ…フランツ~~~~ッ!!!!(号泣)

だくだくに泣きながらブログを書いています。
やっぱりでした・・・最悪な予想通り、フランツは逝ってしまいました。アルベールに抱かれて、看取られて、微笑みながら逝ってしまいました・・・死ぬなってあんなに言ったのに!!!

泣いても泣いても、涙は止めどなく出て来て、フランツの命が失ったことを嘆いています。

狂った復讐劇の中で、フランツだけが正しい道へ戻そうと努力していました。大好きな親友が知らずに飲まれて行った闇に、フランツだけが気づいてしました。
もっと鈍感で、利己的な男だったら良かったのに・・・今となってはそう思うね。
でも、そんな誠実で情深い彼だったら、こんなに感情移入して泣いているんだと思う。

「ハッピーバースデイ」なんて笑っちゃってさ・・・
あ~~、ダメだ。涙が本当に止まらない。こんなんじゃ寝れるワケもない。どんなに心の整理を付けようと思っても、彼が死ぬべき要因が見つからなくて、逆に伯爵に対する恨み、憎しみが涌いてくるばかり・・・。

まさに、裏切りが憎しみを生み、憎しみが悲しみを呼んで、更に新たな憎しみが生まれる悪循環。恨みと復讐の連鎖は太くて強すぎるんだな・・・
その鎖をフランツは断ち切ろうとしていたのに・・・(涙)

幸せだった日々の思い出も、ユージェニーに託した手紙も何もかもが切なくて。大切な友人を守ろうとするフランツの思いが、淡い思いでのイメージに重なって見えた。
フランツにとって、アルベールは日溜まりで、自分の人生の大半を占めていたんだと思った。
貴族といえど、裕福ではなかったフランツからしてみれば、アルベールの子供っぽい、素直で計算のない性格は本当にかけがえが無かったんだろうな。
友人といいつつも、懐の全てをさらけ出すことは貴族の間ではなくて、正義を信じて不器用に貫かんとするアルベールは、フランツにとって歯がゆくて愛しい存在だったんだと思う。
そう―――自分の命を賭けてもいいと思えるほど、大切な存在だったんだと・・・。


もう、フランツはアルベールを愛しているというのを前提で話しますけども、彼の愛はまさに「無償の愛」です。
きっと、フランツはアルベールに想いを伝える気は絶対なかったし、逆に自分を置いて行ってしまっても、彼が幸せだったら黙って見送っていたと思う。
それこそ、伯爵が裏のない人物で、アルベールのために尽くしてくれる人物であったら、伯爵との付き合いに反対するとこもなく、大人しく見守っていただけだと・・・。

薬まで盛ってアルベールを眠らせて、自ら決闘に向かったのも「無償の愛」がさせたこと。
自分の感情を、行動を、思うままに口にするアルベールと違って、フランツは1人で決断して1人で実行する人。
もし、アルベールがフランツに決闘の事を言わず、1人で伯爵と闘っていたらどうだろう・・・?
残酷にも伯爵に殺されたアルベールを胸に抱き、フランツは伯爵へ憎しみの心を持つだろう。アルベールの血で染まった腕で、フランツの温厚な性格は復讐の赤に染まって行くんだと思う。
それを考えると、フランツはフランツのまま、アルベールの腕でいつもの軽口をききながら死んで行ったのは幸せだったと思う。そう思わないと納得行かないよ・・・(涙)
今、こうして抱かれている瞬間のアルベールの顔を見て、フランツは「これで良かった」と思って死んで逝ったと思わなくちゃね。

とりあえず、フランツは愛するアルベールが自分を残して逝くことを阻止できた。アルベールを失った後で、憎しみと恨みで己を狂わせずに済んだんだからね。

だからと言って、フランツを殺したことは絶対に許さないんだけどね(怒)

なんてことをしてくれたんだよ、GONZOは!! 涙が止りだしたら、今度は怒りが沸々と沸いて来たよ!!
フランツを殺すなんて正気じゃないよ!! メルセデスを殺せばいいじゃん!! ユージェニーのパパを殺せばいいじゃん!!
つか、よくよく考えたら先週のアルベール・・・お前が伯爵に「決闘だ!!」って手袋を投げなきゃ良かったんだよ~~~っ!!!(激怒)

あー、「たら・れば」を言い出したら切りが無い・・・。
とにかく、剣術が苦手のフランツが震えながら対峙し、自らの命と引き換えに伯爵を討とうとした―――僅かな希望に全てを託して、フランツは果敢に闘った・・・それは事実。
その結果、アルベールが生き残ったのも事実。
今は切ないし、思い出すだけで涙がぶわっと出てくるけど、まだまだ「巌窟王」き終らないわけで・・・(正直もフランツのいな今、次はなに救いを求めて見ようかと思っているけども・・・。ああ、彼の不在は大きいわぁ・・・涙)

今回で、伯爵の復讐劇が彼のシナリオから外れた。
計算通りに動いていた歯車が、フランツの死で大きくズレ始めた。
最愛の友を失ったアルベールはどう動くんだろう。
復讐の鬼となって行くだろう彼は、望まずして大人になって行く。今後の「巌窟王」は誰の復讐劇になるのか、ますます見逃せなくなってしまったな・・・。

フランツの冥福を祈って―――。


以下は後日の追記です・・・。
2005.02.16.Wed 03:19 | 巌窟王 | trackback(0) | comment(4)
シンってカミーユに似てない??

あの、「自分だけが被害者です」って態度を崩さないとことか、自分の尺度にあわない意見を攻撃したりとか・・・。殴られたことをいつまでも根に持ったりとか、殴られた理由もなく逆恨みしたりとか・・・
あ~~~、数え出したらきりがないよ!!!

まー、これで納得できたよ。見た目がちとキラと被ってるから嫌いかと思っていたんだけど、理由はここにあったってさ。どうりで鼻に付くと思ったんだよね…この性格!! カミーユ似じゃあねぇ……

じゃあさ~、その生意気なシンを2度も殴ったり説教しるアスランが立場上でシャアで、キラが過去の英雄のアムロってなるのか・・・。
なんかさ~、種運命ってZと似ているトコが多々あるなぁ~~。

似たところは人間関係くらいだろーけども。ストーリーや戦争状況はZよりもっと複雑で多様化していると思うな~~。三つ巴って感じだし、Zは邪魔はあったけど、戦う相手は決まっていたし・・・。
でも、脇のキャラ個々の設定はZよりもしっかりしているし、なんたって魅力あるんだよね~~。
レイなんて気になって気になって・・・シリアス顔でCMに入ったトコなんて「なっ、なにがあったの~~!?」って気になりまくりだっての!!! 早くレイにフューチャーしやがれ~~~!!(切実)
(レイ語りになると止まらんな・・・ヤバッ!!)

なんかさー、ミネルヴァの女子たちってば、アスランが乗船してから色気付いてない?? なんかまた色事で揉めそうな臭いがプンプンするんだけど・・・(汗)
平和に和気藹々できるのってアークエンジェルだけか・・・議長と偽ラクスの件があってはどこに味方する訳にも行かずに足留め・・・うえーん、早くキラ活躍してよーう!! やっぱりシンを主人公とは認めたくないんだよーう!!!(本音)

なんかさ、キラって怨恨で戦争しているんじゃないじゃん。戦いがいやだから戦っているわけじゃん。シンは自分の家族の仇を討つために戦っているわけで、そー考えたら絶対にキラのがステキってことですよ!!!
ま~、アスランもキラと同じ志だけどさ、大きなザフトの中でそれを貫くのって大変だしなぁ~~。アスランはかっこいいけど、かっこ良さだとやっぱりレイ・ザ・バレルに思い至るってことで、そこらへんは我の「貴公子好き」のなせる業でありますヨ!!

ともあれ、人の思惑が錯綜するのがガンダム。来週もまた楽しみであります~~。
で、ぶっちゃけて聞くけど、先週の総集編って必要あった??
2005.02.12.Sat 19:07 | ガンダム系 | trackback(0) | comment(0)
フランツ死なないでぇ~~ッ!!!

あー、イヤだ・・・。
本当にイヤな感じだよ・・・。
なんかさ~~・・・フランツってアルベールの身替わりで決闘しそうな雲行きじゃないのさ(涙)
もうさ~、切ないよ!! 友達想いだからって、どうしてそんなコトまでするんだよ!! そりゃー、落ちぶれ貴族で身内だって母親だけだけど・・・だからこそ生きないといけないのはフランツの方じゃんかっ!!!
うわ~~~ん!!! 友達は「最後に伯爵死ぬのかなー。そうだったらイヤだな~~」とか言っているけど、我はもう誰が死んでもイイからフランツは殺さないで下さい・・・(願)って感じだよぅ~~。

ついに伯爵の企みを伯爵自身の口から聞いたアルベール。
「伯爵を信じている」と言ったその口が乾かないうちに「あんなヤツ」呼ばわりしていたのには脱帽です!! 流石はおぼっちゃまです!!! (それでこそアルベールv)
しかも、さっきまでは伯爵を頼っていたのに、フランツと再会した途端に・・・(呆) 流石はおぼっちゃま~~~!!! アルって女だったら天然の悪女だよな・・・無垢で誑かす魔性の女!!!
んで、「決闘だ!!」と血が頭に上ったぼっちゃま・・・(汗) あの~~、あなた過去にマキシミリアンと決闘してボロ負けしたじゃないっスか・・・(呆)

甲冑(ロボット)での決闘ですってよ、奥様!!!
ダンナが大変な時に昔のフィアンセに一目会いに行ったメルセデスママ・・・赤いドレスって・・・勝負ドレスじゃんか~~っ!!! いやー、妻でなく母でなくただの女ですか・・・全く恐ろしいねぇ。
とにかく、ブローニュの森でママは息子VS伯爵を見るわけで、アルベールを死なせたくないフランツが奔走するワケで・・・あ~~、また切なくなってきた!!!

ダメだよもう!! 鼻がツンとしちゃってさ~~。こんなモヤモヤで悶々で、ドキドキしちゃってて寝れるワケないじゃん!!! 1時半まではめちゃんこ眠かったのに、「巌窟王」タイムのお陰でもう眠れませんわ・・・(涙)
しかも原因がフランツ・・・ッ!!!!

20050209030037.jpg

前回も言ったけど、フランツはもうゲイでもなんでもいいんです!! マザコンでも、変なコレクションしていても何でもいいんです!!! だって、あそこまで真摯でいる人はいないじゃないのよぉ~~!!!
だからね、決闘前夜の酒盛りで、潰れたアルベールを黙って見るフランツは一体どんな顔していたんだろ・・・って想像するだけで、ウッ…て涙が込み上げて来るんだよね。
アルベールにはある意味、裏切られて来たわけじゃん? 「伯爵には近付くな」に始まって、フランツがした数々の忠告をことごとく裏切っているわけですよ!!!
だのにさ、そんな友のために命を賭けられるってのはどんな心情なんだよ・・・(号泣)

なんか、フランツを語ると切りがないな・・・。
悶々とした気持ちほ吐出そうと落書きしてみたけど、なんとも硬い表情のフランツになってもうた。つか、「巌窟王」ニ発目の落書きだけども・・・なかなか難しいっス(汗)

来週までこの胸の中でとぐろ巻いた、不快な懸念を抱いたままでいないといけないんだよね・・・辛いな(涙)
待て、しかして希望せよ!・・・って希望あるの!?
2005.02.09.Wed 03:18 | 巌窟王 | trackback(0) | comment(5)
流石に原作に追い付いてしまっては、こんな場繋ぎが必要になって来るワケで・・・
ニコラウスとマジロウって変な新キャラなんてさー、ガッシュとほのぼのシーンを演じて「仲間なのだv」となった側から消えてしまうしな・・・。初っ端からブラゴにやられるってのもダークな導入部でいいんじゃないかなぁ~~。
このオリジナル編がどれくらいまで膨らむのか楽しみでもありますなぁ~。しかもブラゴまで関係するとあっては、変に期待してしまってもおかしくないワケで・・・(笑) プププv

でもさー、なんだろねあの巨石遺跡は。
日本にあんな不思議キノコみたいなのあるとは(ってアニメです)思いませんでしたよ!!
まー、呼び出そうとしている新キャラ(マエストロ? クロガネ?)も怪しい臭いがプンプンですなぁ・・・。
「ワ●ピース」みたいにTVオリジナル編ってファンのテンション下がるような、しょーもないグダクダモンになっちゃうのが多いからさ~、我としても期待しはていなかったんだけどね~(ナオミちゃんのエピソードとか学校ネタはつまらなかったし…)。
来週から早速ブラゴ戦やります――なんてやられちゃうと、「ええっ!? いきなりですかい!?」にゃーんて、自然と引きつけられてしまうと言うか・・・。
でもあれか、ガッシュって―映画も結構面白かったから、オリジナルの番外ストーリーみたいでも平気かもね。魔界や魔物っつー、一種設定がいくらでも曖昧にできるってのが柔軟な対応ができるっつーことなんかも。(原作の世界観で作り込んでいるほど番外が辛いっつーとか?)

ともあれ、ブラゴスキーとしては来週が見逃せないってことなんだわさ!!(なぜミハル口調?)

あ、サンデーつながりと言うことで・・・
「うえきの法則」がアニメ化になりますなぁ~v
つか、遅いよ・・・原作終っちゃってんじゃなのよ!! 連載再開するけどさー、やっぱり解ってないなーって感じだよね。まぁね~、うえきの連載が終った辺りからサンデーがアニメ化ラッシュになったっつーか・・・いきなりだもんねぇ?
現在アニメになっているのは「名探偵コナン」「焼き立て! じゃパン」「ガッシュ」「メジャー」だけど、その前も「犬夜叉」「モンキーターン」「美鳥の日々」「ダンドー」ってやっとったしさぁ~~。「メル」と「うえきの法則」を足したら現役放送中が6つになるのか~☆ マヂで頑張ってんなぁ~~♪

でも、我は「Wild Life」と「史上最強の弟子ケンイチ」「結界師」「クロザクロ」「D-LIVE!!」の(質の良い)アニメ化を希望しておりますよ~~♪ 原作に追い付いてオリジナル編は御勘弁戴きたいから、これらにはもっともっと漫画をストックしてもらわないとね☆
2005.02.06.Sun 16:37 | アニメ | trackback(0) | comment(0)
20050205235648.jpg

見ての通り、池袋アムラックスで開催中のケロロ軍曹イベントに行って参りました~~。
まー、平日だったから着ぐるみもいないし、ステージとかもなかったんだけど、アニメダイジェストの上映とか、スタンプラリー、TVゲーム体験・・・っーのはあったよ☆
友達と2人でスタンプラリーして、最後にはドリンクとシールも貰ったであります☆

でもさー、一番楽しみにしていたケロロカフェの限定メニューが売り切れ・・・昼の段階で売り切れ・・・昼の段階で売り切れ…ありえねーだろッ(怒)
20050205234541.jpg
全く、納得いかないでありますッ!!! プンプン。まー、ムカつく気持ちは抑えつつ、タダのイベントではこーゆーこともあるさってな(涙)
このケロロのハリボテ(?)は他のメンバーのもあったよ~。ただ、タママとギロロはイベントステージの上にあって、チェーンで立ち入り禁止になっていたから撮影できんかったワ。
一階部分にはドロロとクルルがいたんだけど、外から見えるように置いてあるんだな。んで、そのハリボテドロロの前で子供を写メで撮った母子が、クルルの前を素通りして行ったのがイヤにリアルだったなぁ・・・。

20050205234516.jpg
ギロロ&タママバージョン~~。日向家の車はセリカじゃなくてこっちのタイプだよな~~。
無理矢理四角のを作ったのはいいけど、圧縮されているはずなのに、どー見ても現物(原寸)よりもデカくなってませんか・・・? まー、一生懸命だったんだろーから許すけどね☆
こーなると、吉祥寺のバスも気になるところだけど、どこまで行くんだよオレたちって感じなのでこれくらいで・・・笑。

さてさて、今週の「ケロロ軍曹」ですよ☆
今回はクルルの暗躍する日というか、前半は冬樹クンがいっぱい出てて「可愛いぃ~~~vv」だったのが、後半の秋ママにはつまらんなーと(現金なっ) だってさー、秋ママってヲタが好きそーな女っつか、メガネでナイスバデで強くって、どこか抜けてて、異様に若いって女じゃん? なんかね、狙い過ぎのキャラって感じでイヤなんよ~~。
我は素朴でオカルトマニアな冬樹殿でいいであります~v

しっかし、「オータムH」って「日向秋(ママの名)」ってことなんだよね? 最初、「秋さんのバストはHカップ」って意味だと思ってしまった・・・反省!! だってさー、Hなんて意味深なイニシャルが悪いと思うんだよ!! しかもあのママの若さとかさ・・・悪いのは我じゃないんだーっ!!!(涙)
んで、そのオータムHってめちゃマジンガーZ入ってるよね。ついに永井GOまでもリスペクト(方便だなぁ~)してしまったワケで、もううなにが来てもビックリしないぞって感じvv

でも、今回はケロロも競技をしていただけだし、他のケロン人の活躍も少なくて、イマイチ良く無かったと思うのは我だけでしょうかねぇ・・・?
原作にないことをしたり、原作から脱線し過ぎると大抵がこーゆー結果になっちゃうな~~。来週はバレンタインってことで、今からタママの力作が楽しみでありまーす☆

とりあえず、ガシャポンのブラブラケロロはコンプリートしたとお知らせ。←誰にだよ…
2005.02.06.Sun 00:21 | ケロロ軍曹 | trackback(0) | comment(0)
すっかり遅くなってしまったけど、今週の「BECK」。
相変わらず、コユキの歌声が上手いとは思えないままですが、物語はズンズンと進んで行ってます。

アニメってどこらへんまでやるんだろ?
グレイトフル・サウンドで伝説的なライブして終りなのか、それとももっと続けてアメリカツアーまでするのか・・・。大抵のアニメって半年じゃん? 長くて1年なワケで。だから、いい切れ目はグレイトフル・サウンドだと思うんだよね~~。うーん、長く続いている漫画だけに、アニメも長く頑張って欲しいなぁ・・・。

まー、そーゆーことは置いておいて・・・

レオン・サイクスが動きだしました!!!
あのバカみたいな髪型と顔、イメージを覆す高い声・・・無気味ですヨ。次から次へとBECKに訪れる受難。前半でのほほんとして、後半で不安にさせる・・・そして来週が気になるぅ~~ってことだべさ。やるなぁ(笑)

でも、今回っていつも千葉ちゃんが歌ってる変なラップじゃなくて、違う歌も歌ってたよねー。漫画とアニメだと曲のタイトルが違うから、新しい曲がなんなのか解らないよ~~(泣)
なんかさ~、BECKの漫画だけ読んでる人に、BECKの音のイメージを聞いてみたいよね~。
千葉Vo.のとコユキVo.のそれぞれのイメージが聞きたい。バンドで言えばドコなのか、シンガーで言えば誰なのかって感じで。
我はなにげにコユキVo.の曲ってバラードが多い気がするんで、バンプのスローテンポ系を想像していたよ。「スノースマイル」とかさ~~。まー、声がものスゴ我が好きってのもあるけど~(笑) ただ千葉ちゃんは想像がつかないんだよね・・・ラップってそれ単品じゃーあんまり聞かないしさぁ・・・。
それぞれに他のイメージ持ってるよって人いたら意見聞きたいわぁ~。

で、ダイブリっのイメージってなんだろ?
2005.02.04.Fri 23:48 | アニメ | trackback(0) | comment(0)
語りたくて仕方が無かった「巌窟王」です。
実はこのブログニ度目だよ・・・書くの(涙) 書いている時に突然ブラウザが終了しちゃって(号泣) まー、愛ゆえに書き直ししますよ!! ええ、しますともっ!!!

さてさて、「巌窟王」。
今回の幕でアルベールがパパの過去を知ってしまいます。「信じている」と言った口が乾かない内に、自分の生い立ちが汚れた土台の上にあることを知ってしまったんだな~~。
そりゃーもう、アルベールはショックですよ!! だって、疑いもしないド素直な子供ちゃんだったんだからね!!!

まさか、信頼して尊敬していた伯爵が、すべてを画策して破壊の指揮をとっていたなんて、全く疑っていなかったわけですよ・・・お目出度いねっ!!!
全く、この坊ちゃんは・・・(溜息) なーんにも知らずに、伯爵の復讐を手伝っていたんだから笑っちゃいますねぇ。ワンコみたいにシッポ振って、少女みたいに頬を赤らめて「伯爵が好きです」とか平気で言っていたんだからさ~~。

んで、お察しの通り、我が一番好きなキャラはフランツです!!
素敵だよね~~。金髪で貴族(没落でも)で、性格が良くて強い意志を持っている・・・理想ですよッ!!! そんな素敵な彼なんだもん少しくらいホモっぽくてもいいよねっ(小声) なーんて思ってしまったり(苦笑)
いえね、どう考えてもね、アルベールを想うフランツって親友の枠を大きく外れていると思うんですわ・・・。

アルベールと愛について車内で話した時、彼の顔は影になっていて解らないんだけど声がすごく切なかったし、マキシミリアンと「想いは止められない」と話した時は、すっっっごく辛い顔をしていたじゃん。「身分違いの恋」で悩む軍人と「道ならぬ恋」で悩むフランツの図って見えるんよ!! 仕方ないんよ!!
最初は親友であるアルベールのフィアンセ、ユージェニーが好きなのかなーって勘ぐったけど、彼女が本気でアルを好きみたいと知って心底ホッとしていたり・・・フランツの気持ちはどこに!? ヴァランティーヌに至っては、マキシミリアンに駆け落ち勧めるくらいだから問題外でしょ??

まー、この際、フランツがゲイだろーがどうでもいいわ。元々、伯爵相手に頬を赤らめる主人公だしな。(ヲイ!!)

しっかし、物語が佳境に入って参りましたよ~~~。来週が待てないーって感じで、ウズウズしちゃうよね。
我は1話からビデオ録画しているから、DVDは買う気なかったんだけど、オフィシャルブックだけはどーしても欲しい~~ってことで、御予約してしまいました・・・テヘv
んで、ココを見ているうちに「オリジナル特典」ってのに誘われて・・・DVDまで申込んでしまったのだぁ~~~。バカだ・・・バカだよ我(涙) あーあ、地元のSHOPだったら10%OFFになるのに、特典につられて・・・(号泣) 自分の欲望が憎い・・・!!!

20050202021125.jpg

↑こりは我の落書きでーす(笑)
まだ一度も「巌窟王」の絵って描いて無いなーと思ったんで、一発落書きしてみました☆ 我、今年に入ってケロロ以外のキャラ描いたの初めてだよ・・・ゲフッ。
ケロロと言えば、伯爵役の中田譲治がギロロ・・・。こないだの弄られっぷり・・・涙ですな(笑い過ぎで)

さて・・・来週、フランツはアルベールを救えるのか!?
待て、しかして希望せよ!
2005.02.02.Wed 03:43 | 巌窟王 | trackback(0) | comment(0)






<< 2005.02 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
ENTRIES
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENTS
TRACKBACKS
LINKS
PROFILE

joe
【生息地】
ペコポンの日本、東京に滞在中。

【生態】
漫画・音楽・アニメ・映画・スポーツが好きなペコポン人。噛み付きませんが毒は吐きますヨ~。
楽しいことがトコトン大好きv 欲望にはどこまでも忠実でありま~す!!
どちらかと言うと「乙女心」ってヤツが全く理解出来ていません。

【餌】
スイーツ(チョコ&ケーキ)と寿司、イタリアンとフレンチはコースで食べたい派。最近はスペイン料理に心を奪われている…

【特徴】
独りで勝手にハマッて友達等に布教(熱弁)しるのが悪い癖…みたいっスよ。
理性のブレーキ部分が脆弱で、ついつい散財してしょーもないコレクションが半端に溜まってるらしい。

【弱点】
色男&金髪&かっこいい&影のある男&誠意がある&遂行力のあるイイ男にすっっごく弱い。

【嫌い】
煙草とバカと非常識。虫全般と不味い御飯。緑茶。

【コメント】
なんか、我はどうもブログが長文で、右部分(こっち側ね、こっち)が異様に余るんだよねぇ…。貧乏性だからスペース空いているとどうも落ち着かんわ~ってコトで、意味もなくプロフィールをダラダラと書いてみたヨw
しっかし、こんなに長文なブログでいいんだろうか…でも知らない間にずんずんと長文で語っちゃうんだよ。まあ、長い時は「面白くてjoeの思い入れたっぷり」ってことなんで、推薦基準になってるカモ??
ともあれ、このブログは暇な人だけ読んでくだされば結構ですだ~。
コメントは有り難く頂戴しますが、誹謗中傷や殺傷力のある悪意コメントはIP保管で削除するっス(アク禁もするヨ)。はいはい、ごめんなさいよ~。

********************
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。