FC2Blog | RSS1.0 | ログイン | 投稿 

digit@l cowboy BLOGstyle

連日放送しているアニメの中から、ジョーの感想をアホのように語るブログ。 アニメ・漫画・映画・スポーツ・ゲーム…と興味はいっぱいv TB・コメント・無断リンクも大歓迎でありま~~す!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
いきなり5年後ですかっ!!

親の時代でなし得なかった平和を子供達が築こうとしています。
政治に野心を燃やしている若者、ジャーナリズムで世を正そうとしていた者、若さゆえに惑っていた者が、それぞれの道で身を立てて、帝国と地球の間に平和をもたらそうとしています。

演奏家として成功したユージェニーが再びパリに凱旋する頃、それぞれの日常が報告されました。

故郷で地位を回復したエデも、今は穏やかにみんなの平和を祈っている・・・そんな日々。
長い戦争から戻ったマキシミリアンは除隊し、病の癒えたヴァランティーヌと再会の抱擁をする。
このカップルは「友達だから!!」って気持ちがいっぱい入っているんで、いっぱい幸せになって欲しい。しがらみや社会的地位なんかよりも「好き合っているんだから助けたい」っていう、子供の理由でできた逃避行だったからね。
友情の印・・・そんなカップルなんだよな~。

そして、アルベールも5年ぶりにパリの地に降り立った・・・。
かつては父と母と暮した屋敷は政府に取り上げられ、最後に・・・と踏み入ったアルベールは、母の肖像画の裏に貼られた古い手紙を見つける。
若きエドモン・ダンテスがメルセデスに送った恋文―――。
そこには、相手を想う純粋な好意と思い遣りにあふれ、モンテ・クリスト伯爵として復讐鬼となる片鱗もない。
アルベールと、フランツと、ユージェニーがそうだったように、若き3人が渚で戯れながら歩く回想は、本当に胸を締め付けられるものだったよ・・・。
なにもかもが輝いていた時代の、純粋な想いがつまった手紙はとても切ないものでもあった・・・。

フランツの墓前に帰国を報告し、長く訪れなかったことを謝罪するアルベール。
必死に学んで生きて来たのは、自分のために死んで行った者たちのため。張り詰めた気を弱めたら、それこそ「自分も深い闇に落ちてしまうのではないか」と、伯爵のようになってしまわないか・・・と不安に心を悩ませていたと、フランツの墓に吐露する。
「どんな人生を歩むことになっても、あの夏のことは忘れない・・・決して・・・」
そうフランツに誓ったアルベールに、教会から聞こえて来たのはユージェニーのピアノの調べ。
まるで、フランツが微笑みながら、アルベールに指差して教えたみたいに、アルベールは調べに向かって歩き出す・・・そしてあね1人の男がもたらした物語が幕を閉じました。
歩き出したアルベールがどうなるのか・・・それはもう見ることはできないけど、きっと明るい未来が待っているに違いない。

フランツだけがあの夏に死んでしまい、幼馴染みの三角形は歪に違ってしまったけど、やっぱり3人はどこまでも一緒で、ユージェニーとアルベールの心の延長上に、いつまでもフランツはしっかり存在するんだよね・・・。
会いたい時に会えなくても、例え言葉はくれなくても、心の中に存在してくれるだけで有り難いよね。
どんなに周りが醜く変わってしまっても、ただ1人だけ自分を正そうとしてくれた恩人であり、友であったフランツを、友人たちみんなが忘れないだろう・・・。


平和が訪れて、全てが変わろうとしている。
これからは帝国と地球の間で交流が盛んになり、今以上に若者たちの力が必要になると思う。
そんな中で、アルベールは自身を失わずに真直ぐ生きて行くんだろうな・・・。
大事なものを教えてくれたフランツと伯爵に感謝し、彼等に恥じない人生を歩んで行こうと、これからもアルベールは生きて行くんだと思う・・・。

arbert.jpg

最後の最後でアルベールを描いてみました。
我はちょっと照れたようで、困った感じに微笑むアルベールの顔が大好きです。
今回は5年後ということで、ちょっと逞しくなった彼だけど、フランツが大好きだった「素直さ」「実直さ」「公正さ」をなくさず、父よりもずっと優れた人物になって欲しいと思う。
父フェルナンはエドモンが持っていたアルベールに似たその性格を、妬んで僻んで奪ってしまったけれどね。自分にないものを持つ友を憎んでしまったのにね・・・哀しいけれど。
でも皮肉だよなぁ・・・陥れて抹消した友の存在なのに、愛する女との間にもうけた子(アルベール)がエドモンにそっくりだなんてね・・・。

つくづく、子供の性格形成には環境が大事ですよ。
マルセーユの港町ではブルーワーカーばっかりで、粗野で貧相な生活ばっかりだったんだろうなぁ。
当然、罵倒や暴力、酒なんかもいっぱいだっただろうし、誰もが生活を良くする為に「出し抜きたい」と思っていただろう。そんな中で育ったフェルナンと、経済的には辛いけども生っ粋の貴族のフランツでは、やはり友達としての質が違うってことだべか・・・(いや、血筋よりもフランツの性格のお陰だけどね)
う~ん、子育ては難しいですなぁ・・・(溜息)
大切な人を失う痛みを知っているアルベールだったら、きっと弱者の気持ちの解る人になれるんじゃないかな。(いや、もうなってるか☆)

アルベールはユージェニーと結婚して、子供ももうけて良い父親になるのかな?
ぺッポは女優として活躍しているし、実はバティスタンは生きていたし、アンドレアは詐欺働きまくりで御用だし(笑)
意外性の繰り返し―――だからこそ人生は素晴らしい!!
そんな感じだね☆

最後に。
印象に残ったのは、マルセーユの見晴しのいい丘の墓地で、メルセデスがフェルナンとエドモンの墓に花を添えて佇むシーン。
色々と思うところはあるけど、掛け替えのない青春時代はいつまでも彼女の中で輝いていると思う。
憎しみに変わってしまうほど、誰かに愛されるのは幸せなのか、不幸なのか・・・最後までそれは解らなかったわ。

これでjoeのレポも最後です・・・――が!!!
アフタヌーンで「巌窟王」の連載が始まってしまったので、今度は漫画レポでもサラ~リと始めてしまうかも知れないっス!!
今までと違うのは仮眠までしてTVつけてレポしなくてよくなった・・・ってコトか(苦笑)
んでも、漫画でまた彼等に会えるのは嬉しいけど、アニメが終ってしまったのは寂しいよぉ~~~(号泣)
今日も泣きながらレポしました・・・ああ、最後の最後まで泣かされましたよ!! 全く、姿もなく墓石だけなのに存在感あり過ぎだよ・・・フランツ!!!

今後もフランツへの愛1000%で頑張って行きます(笑)
スポンサーサイト
2005.03.30.Wed 03:24 | 巌窟王 | trackback(0) | comment(3)
いや~~、ジャぱん1時間スペシャル!!
パンタジアの新人戦でついに和馬が冠を下して、見事に優勝しました☆
で~も、やっぱりツッコミ処はそこではなくて・・・
マイスターのチタニウム合金の仮面から、孔雀がまるまる出たァ~~~!!!
・・・ってトコだよね~~(笑)

毎度毎度、いいリアクション見せてくれる黒柳だって流石に生物を自身に仕込んでおくことはしまいよ。(結構、黒やんって現地調達型だよな~)

んまあ、我すっかり1時間SPなの知らなくて、急いで家に録画しに戻っちゃったよ~~。新聞見て驚いた・・・確認して良かった・・・危うく「ミルモでぽん」を録画してしまうとこだったよ・・・って言うか危機一髪ぅ??
明日のナルトも1時間SPだから気を付けなくちゃねっ!!!
しかし、春休みにアニメSP立続けなんてTX飛ばすなぁ~~☆

んで、モチモチパン・・・食いたいv
またしても美味しいパンを作りよってって感じ。冠のは金と知識がかかっているパン、和馬のは技術とアイデアのパンって感じ。食べ比べできたマイスターが羨ましいよう~~!!!

なにげに色々と物知りで解説してくれるマツケン。
サンデーとか読んでてよく思うんだけど、どうしてマツケンは参加しないんだろ。別に新人戦って枠はもう無いのに・・・と思い至った。これって盲点?? とかなんとか言いつつ、結局はマツケンの特技がフランスパンだけだったとしたら・・・ゾゾゾ!!!
あー、もしかして、下手にパン作って活躍しちゃったら主役とか食っちゃうインパクトだからか?? 主人公押し退けて、EDでピンで踊っている彼だからあり得ますよ~~!!!

おーっと、脱線してもうた☆

とにかく、孔雀の羽を仮面から出して、そのまま飛んでしまってマイスターの姿が目に焼き付いているって話だよ。
なんでかなぁ~。イイ男が真面目にアホやる姿って、面白いと寒いの中間で複雑な感じしない?? それでも我はマイスターを心よりお慕いしておりますわ!!

だば、巌窟まで仮眠しなくてはっ!!!
なにゲにプロフィールと写真を変えてみた。本当に無意味だけども。
2005.03.29.Tue 21:01 | アニメ | trackback(0) | comment(0)
雨凄かったね~~(涙)
でーも、ビニール袋を庇うようにして買って参りましたよ、早売り~~vv
またしてもjoeの身勝手な感想をおっ始めます・・・。

●ブリザードアクセル
ぶはははは!! スゲーですよ、スゲー「ボレロ」ですよ!!
あんな「ボレロ」は見たことないよね~☆ それでも吹雪の動作と表情から、ヤツが何を表現したいのかってことはしっかり花音に伝わってて良いですよ。
そうなんだなー、花音は固執しちゃってたんだよね、「ボレロ」はこうあるべきって感じで。吹雪の自由な形を見たら、そんなの「自分なりの方法があるじゃないの」って思わされたってことだわい。
んで、花音はフギャーをすることになったけど、雷造はいつから始めるんだろねぇ~。また続きが気になるわい!!

●見上げてごらん
上がり症の富士丸と初心者の了のチームは、名門テニス部の入部をかけてワンセットマッチ中~~。
やっとどうにかできるサーブが了に回って来たけど、ダブルフォルトを連発でヤバ~な時に、隣のお手本を見てすぐにコツを掴むなんて天才じゃないですか☆
まあ、テニス漫画でしょっぱなから門前払いはないのは解ってるけど、早く入部しててテニスを技術を身に付けて欲しいなぁ~。草場センセの描く試合がどんなのか早くみたいのだvv
ところで、ドレッドヘアの早坂。中学出たばかりであのヘアはないだろ・・・中学時代からロン毛ってことだべ? 帰国子女だってことを仮定してみても、あんなサングラスまでしているし・・・奔放な校風だとしてもあり得ませんよ!!!

●WildLife
はい~~☆ またしても鉄生マジックですよ~~(笑)
確かに大学病院とR.E.D.ではなにもかもが違うよね。R.E.D.って患畜が第一で、自分の専門外のエキスパートに頼むことは普通だってちゃんと解ってるじゃない。
内科だ外科だ、自分とこ以外は信用できないとか・・・それに自分の保身とか混じって、ドロドロした爛れた内部関係がおぞましいよ。
まー、ポケーとなーんにも考えない鉄生だから、自分を刺の鎧で覆った人を自然の形に戻せるんだろうな~~。(にしても出来過ぎ!!w)
来週は陵刀の大学での活動が明らかに・・・しっ、知りたい!!!

●史上最強の弟子 ケンイチ
やっぱり・・・しょーもない理由だった(涙)
こんなに周りを巻き込んで、怪我人続出の地獄絵図になっているのに・・・発端がバッヂ・・・しかもあのダサいバッヂ・・・(呆)
ハーミットとかには申し訳ないと言うか・・・(呆)
んでも、本気モードを更に超えたケンイチは凄い!!

●焼き立て!! ジャぱん
もうなにも言うまい・・・。
和馬のパンは旨いに違いないんだから・・・。
なぜ、マツケンが河内は肩車するのに、ネチネチと月乃を虐めるように肩車はしてやらないのかとか・・・
夥しい数の島耕作出して「やっちゃった~」と思う以上に、島さんというブサ子さんと養子入籍した黒柳のリアクションも・・・もう我には語ることなんてできないっス(涙)

●クロザクロ
ほほーう、幹人クン自体が強くならないといかんだろーなー・・・とは思っていたものの、こー来ますかとね。我は相変らずあのパンダちゃんが異様に気になるんだけど(戦闘体勢に入った時のポーズとかw)、双子ちゃんもなかなか強そうで戦いっぷり見てみたいわぅ。
竜流煉窟で5つの試練!! う~ん、ヒーロー漫画の定番っぽくなって来ましたが・・・嫌いでないよ(笑)
幹人くん、強くなっても優しい子でいて欲しい~~。

●兄ふんじゃった
ブラコンもここまでくれば嫌がらせだろ・・・。しかもなぜに「今、光合成が似合う男!」なのかも、植物委員なのかも解らない・・・。
まあ、唐突なのがこの漫画のオススメ処でもあるので、この際不条理は無視無視。
んでも、どうしても気になるんだけど、兄って学校の中でどんな存在なんだ?? 生徒も先生も兄に甘過ぎるというか、学校カーストでの頂点にいるやん・・・

●思春期刑事ミノル小林
ミノルのパパ、ツモル(初めてフルネームを知ったw)のフレッシュ時代の話。
息子と娘のハイパーバカなとこってやっぱりパパに似たんだね。我としては新人時代よりも、バカな子を2人も産んだ妻の存在がすっげーー気になるんだよ!!! そのうちやってくれるかなぁ~~。



んで、ここからはWJの話。
って言うか立ち読みした「NARUTO」の話です・・・
ネッ…、ネジかっこ良すぎ~~~っ!!! COOLって文字が似合う大人じゃないですか~~っ!!!
あんなにステキに成長していたなんて、あたしゃ本当に感激だよ!!! 金も払ってないWJの誌面に、だら~~ってヨダレを垂らすとこだったよ・・・危ない危ない(感涙)
はぁ~、やっぱりいいわぁ・・・大人の魅力だわぁ・・・スラリと背も高くなって、一段と落ち着いた感じで・・・たっ、堪らん!!! この興奮はR.E.D.で注射の1本でも打ってもらわんと納まらないですよぅ~~~!!!

・・・・コホンッ☆
次のサンデー時には「うえきの法則」のアニメが始まってんだなーと、最後はサンデーで締めくくるとしよっとv
2005.03.28.Mon 23:55 | サンデー感想 | trackback(0) | comment(0)
太鼓で戦うだとか、仮面ライダーなのに新人イケメンでなくてベテラン30代俳優だとか、怪獣が巨大なカニだったとか・・・噂を聞く度に「これは一度は見なくては・・・!!」とjoeの好奇心をくすぐっていた「仮面ライダー響鬼」をついに見ました~~☆

前日にジェネジャンを最後まで見てしまったので、8時起きはキツい・・・でーも、「今日こそ絶対に見てやる~~~っ!!!」って気持ちで、意地でも起きてやりましたよ!!(エヘン)

とりあえず、公式WEB(テレビ朝日)を見て大体の予習はしていたんで、大体の人物関係とかは大丈夫だけども、なんとも既存の仮面ライダーとは違うとこが多過ぎてビックリした。
大体、タイトルには「仮面ライダー」とは書いているけど、実際には「鬼」なんじゃん。しかも、主人公のヒビキは30過ぎのベテラン鬼!! フレッシュさの欠片はありませんわよ~~w
※我的には威吹鬼役(イブキ)のがタイプです・・・顔のつくりは(笑)

さてさて、この響鬼って相手は妖怪なんだね~~。なるほど、巨大なカニもアリもこーゆーことですか・・・と納得。
今後は「ぬらりひょん」とか「あかなめ」とか「でいだらぼっち」とか色々出てくるんじゃないだべか(笑)
「ゲゲゲの鬼太郎」では良い子チームだったイッタンモメンもこないだ成敗されたみたいだべさ~~。バックナンバー見て驚いたんだけど、鳥だったよ、イッタンモメン!!!

まー、人物関係図や音響戦士(笑)とか、退治された妖怪とかはわかったけど、一体ヒビキやイブキたちってなにやってんの?? 生態系を惑わす妖怪だけを片付けてるの?? そこが解ればもーちっと「来週も絶対に見るですぅ~~」ってなるんだけどなー。(朝の番組だけに二の足・・・)
それでも、見る価値はあると思う・・・かな(笑)

だって本当に太鼓なんだもん(笑)

バチから炎を出して、的に飛ばすって攻撃はまあ解るけどさ~。飛び道具ってゆーか、2丁拳銃のノリで考えればいいんだからね。んでも・・・
ベルトのバックル部分を取って、相手の身体にペタリと貼ると、ぐぐぐ…って大きくなって太鼓の面になったと思ったら、持っているバチでドーンドンッ!! 響いて響いて怪物が大・爆・発~~~!!!

す・・・すげえ!! すげーよ響鬼~~ッ!!!

参った・・・参ったダス・・・。
この戦いっぷりには我のハートにも響きましたよ(笑)

んでも、一応は「仮面ライダー」なのに、ちっともバイクが出ないよね~。変身シーンも大人しいって言うか、時間かけなくてコンパクトと言うか・・・やっぱり従来のライダーとはかなり変わってますわ。
あと作り的なんだけど、場面変換と追い掛けている視点が複数で、ちと30分番組にしては無理あるなーって思うトコも多いんだよね~~。それでも、世のお子様が付いて行っているんだったら、我も愚痴は言うまいって感じで(笑)

来週もこの勢いでできる限り(ここがポイント)チェックしてみたいと思いますよ~~。
威吹鬼の戦い方も興味あるしねっv
2005.03.27.Sun 19:01 | 実写・特撮 | trackback(4) | comment(0)
ザクとは違うんだよ、ザクとは!!
・・・そう言っておきながらハイネ死すってなんだよ~~~っ!!!


戦闘で大活躍していたハイネだけに、あまりに早すぎる死はすこし笑いが漏れてしまいました・・・。
まぁ~、芸能人である西川のスケジュールだとか色々なことを考えちゃったりしちゃったりとか・・・ね? 大人の事情だとか色々と察知しちゃったりするのよ~~(するなよ…苦笑)
つーことで、ひとまずハイネさんの死をお悔やみ申し上げます・・・黙祷。

いやー、回を増す毎に面白くなるガンダム種運命!!
全くもって、土曜日はお出かけできませんよ~~(涙)

今回は大好きなキラが大活躍~~~っ☆
でも、そのお陰でアスランとの間に再び亀裂が生まれてしまったようだす・・・寂しいなぁ。どっちも「平和のために」って気持ちは間違ってはいないだけに、対処法が違うとこーゆーのが明らかになってイヤだすなぁ(涙)
戦って勝ち取る平和と、戦わずして得る平和・・・難しい!!

えーと、カガリ共々オーブを撤退させるべく出たわけですが、へっぽこユウナの「夫である自分が言うんだから間違い無い!!」というしょーもない保証でもって戦闘は続き、しかもアークエンジェルとルージュまでもターゲットになるという始末・・・涙。
全く、なんのために「私はカガリ・ユラ・アスハ」って名乗って出て来たのか解らなくなりましたよ・・・
オーブの解ってる艦長さんなんて、ユウナとバカ指令と国を思って板挟みじゃん・・・辛いよね、中間管理職ってさ~~(ホロリ)

ここで、キラ側に出来た問題をまとめてみましたよ~。
(1)オーブは立場的に戦いをやめることはできない。
(2)かといってアークエンジェルはザフトとは戦えない。
(3)そもそもオーブの理念では誰とであっても戦いたくない。
うーん、どれもこれも一筋縄では行かない問題です。


―――で、キラの出した答えは・・・。

だったら み ん な 、 戦 闘 不 能 の 状 態 に し ち ゃ え ば い い ん じ ゃ な い ?
…って、強引な結論だしちゃったよ~~!!!(絶句)

いやー、凄いよ!!
あの戦い様は凄まじいの一言よ!!
あーゆースイッチ入っちゃったキラってばス・テ・キ~~ィvv (ヲイ!)

地球軍もオーブもザフトも「峰打ち」で戦闘不能にして行くんだけど、あの動きってば尋常じゃないよ~~。マヂでアスランよりずーっとMS乗りとして適した能力を持っているんだなーと感心しちゃう。
ウハーッ!! やっぱりキラかっこいいぃ~~~!!!(悶えMAX)
んでもさー、よくよく考えてみるとね、戦闘って今回だけじゃないじゃない? どんな戦闘にでも間に入って行って、峰打して(邪魔して?)帰るわけには行かないじゃない?? 一種、アークエンジェルの取った道ってイバラ道だべよ。戦って勝った者が作る平和な世界のがずっと楽って気がしちゃうくらいに・・・。

さてさて、ハイネの死ですけども~。
あれってさ・・・ハッキリ言ってキラを庇い死にってやつ?? あれでアスランに「キラ・・・(憤り混じりに)」って言われても、「えー、別にキラがハイネを楯にしたワケじゃないじゃんよ・・・」とフォローしたくなるっス。
ステラがキラより弱くて、そのままシッポ丸めればいいのに再び襲い掛かって来たのが悪い・・・とは思ってくれないんだろか。
でも、ハイネを切った後でステラがキラにキックで飛ばされたのには、流石の我もハイネの死を一瞬忘れて「プ~~ッ!!」って吹き出してしまいましたがねぇ・・・。(ごめんちゃい)

ともあれ、キラとアスランの道がクッキリ別れてしまったのは事実。
大きな組織に所属して、時代の流れを変えようとするアスランには親友のとった道は理解できないだろうな~~。
そこがアスランのいいとこであり、頭が堅いとこでもあんだけどさー。あー、親友同士でまた戦うのかと思うと滅入るわぁ・・・。

んでも、来週はシンが目立つみたいで、今からとっても楽しみナリvv
それ以上に30分放送時間が繰り上がっているから、それを忘れないかが心配なんだけどね(苦笑)
あ~~~、マヂで土曜日って書くこと一杯ありすぎ・・・。4月になってもそれは続きそうだしな(笑)
2005.03.26.Sat 19:09 | ガンダム系 | trackback(1) | comment(4)
いや~~、分かっているのに見てて泣いてしまっただよ、我・・・(照)

今回は「さよならドラえもん」でしたな~(笑)
なるほども移動時期にこれを持ってくるのはナイスセレクションであります!!
そして冬樹ファンの我には「冬樹くん、めっちゃ可愛い過ぎるってばぁ~~v」って回で良かったよう!!!
ケロロが帰る最後の最後になって、「冬樹殿~~~(涙)」ってなるトコには我も涙じゃった・・・確かにあんなに理解してくれる親友(冬樹)との別れは辛いわい~~。どうせ記憶を消すんだからって、面と面を会わせてお別れなんて言えないよね・・・。でも、涙ながらに「軍曹ー!! 行かないでよ、軍曹!! 僕たち親友じゃないかぁ~~ッ!!!」って叫ぶ続ける冬樹くんは見たかったかも知れない・・・ピュアな少年の涙ってそそるわぁ~~v(変態かよ…我)

でもさー、軍曹の侵略マニュアルって、ろくなこと書いて無いな・・・。生徒手帳の注意書きみたいのばっかだしさ。あんなに分厚くて漬け物石として使っていたってことは、あれはそーとー臭いはずですよ!!! 夏美が取り上げて、冬樹くんのお情けで軍曹のもとに戻った時は「あーあ」とか思ったけど、内容知ったら渡しててもいいんだ・・・ソレ(汗)ってな☆

しっかし、あの24時間でお別れって状態はそれぞれ個性が出ますわな・・・。
静かに焼き芋を作るギロロと対照的なのがタママ!! なんだよ、あの菓子の多さは!! しかも西沢家には似合わない駄菓子の数々!! 「まだまだ食べてないお菓子がいっぱいあるですぅ~~」ってのは酷すぎる・・・。
それでも、寝ている桃華に「ボクがいなくても・・・」ってのはまんま「さよならドラえもん」だったな。これで桃華が夜の公園で冬樹に何度も告白したらまんまだけども~~、よくよく考えたらタママは桃華の恋になーんにも協力したことなかったやん・・・(呆)
ドロロのお別れがステキに見えたのって、そーゆータママの最後まで被っていたネコのせいもあると思うわ~~。

・・・で、なんでクルルの作ったデリ装置、消去のボタンがMONO消しゴムなんだ?? バックアップメモリが鉛筆だし・・・これって消去(消しゴム)&書き込み(鉛筆)ってことか?? 全く、コジャレなんぞしよってからに~~。原作ではちゃんとCD-ROMだったのにね~(笑)
それでも、原作では冬樹の記憶が戻るよりも、バックアップのが早かったんだけど、アニメでは「愛はなによりも尊い」ってことなんだべか、冬樹くんは自力で記憶を再構築して、地下でガンプラを発見し、アンチバリアーを見破って軍曹を見つけてしまいました!! なんともすごいオカルト魂ですよ~~ッ!!!
―――つっても、我はもうその時も泣いていたんですが(笑)

まー、こーゆー涙をそそるネタをして、次回からはお引っ越し~~♪ 「してやられた感」がなくもないけどもそれでもケロロは大好きーってことで許す!!
つか、今までのオールキャラとか出てギャーギャー言うよりもずっといいもんなぁ~。
さてさて、毎週金曜日の夕方6時からに移動でありまーす☆
逆に我的には忙しい時間帯で、今よりも予約率が増えそうだけど、放送地域が増えるのはいいよね~vv
もっともっとペコポンがケロロだらけになればいいのにぃ~~v
2005.03.26.Sat 15:57 | ケロロ軍曹 | trackback(4) | comment(0)
1-2で負けちゃったよ…(涙)

なんだかな~~。
ガチガチっつーか、全く動けてないじゃんか!!
こちとら体調悪いのにサッカーを全く知らない友達とTV観戦していたワケですけど、なっちゃいないってばよ!!!(激怒)

大体さー、なんだって中田なんだ???
中田が悪いとは一概には言えないけどさー、暫く代表に召集もされてなくて、他のメンバーとの実戦が少ないのに、参加した途端のスタメンって有り得なくない??
しかも!! 後半になって小笠原入れるのはいいけどさ・・・なんて中田との交替じゃなくて小野なんだ~~???
小野は次の試合に出れないんだから、この試合くらいバッチリ90分やり切らせればいいじゃんよ!? 別に疲れ果てて脚が動けないってワケじゃなかったじゃん!!!

まあね~、ジーコの召集方法・交替については監督に就任してから、ずーっと物申すことばっかりですよ・・・(呆)
ハーフタイムじゃ絶対に替えて来ない不思議~~!!
明らかに不調をアピールする選手を交替させない不思議~~!!!
前回は「救世主」と呼ばれた大黒だって、「え~、あれをもう一度再現しろったって無理な話っスよ!!」って内心思っていたに違いないよ~~。前回はビギナーズラックじゃないけど、プレッシャーが無いから(誰もどうせ期待してねーよ的な)できたような感もねーですかい??

まー、文句を言ったらキリがないけどさ。
DFだってズルズルだったし、中盤だってミスキックにカットできないダメダメっぷりも発揮したしさ、高原いるのに高いボールを全く出さなかったり、サイドチェンジをほとんどしなかったり・・・って言い始めたらお経みたいになっちゃうよ~~!!!
「あ、今のはいいよ!!」って期待すると、すーぐに相手ボールになっちゃうんだからさ。

ポテンシャルは日本のが上ですよ・・・。
―――はぁ?? 松木やキャプテンwは単語の意味知ってて言ってンの~~??
友達いるからBS見れる自室じゃないんで、テレ朝観戦だったんだけど、解説も実況も、試合の後の川淵もなんなんだよ・・・(呆)
中田を攻めるものは誰もいないしね・・・なんでだろね・・・。

相変わらず、日本人特有のガラスのハートで緊張しちゃったトコとか、いつもの実力が本番で出ないのも、そのポテンシャルから差し引いてやってよ(怒)
なんでもない時に凄い実力があったって、肝心なとこで発揮できなかったらしょーがねーだろが・・・(呆) 今花開かないでいつ開くんだよ・・・。

ともあれ、今回のヒットは久々に代表に復帰した柳沢かな~と。元々、我は鈴木よりも柳沢使えって思っていたタイプなんで、問題ないです(笑)
ただ、もうちっと早め(後半最初からとか)に出すべきだったんじゃないかなーって気するよな~~。

次はバーレーンでしょ?
すっごい強いってゆーやんか。北朝鮮にも勝っちゃってさ~。最近、メキメキとランクを上げている勢いのあるチームだけに、かなーりヤバ目ですよ。
まだまだホームの試合をいっぱい残しているとはいえ、元々日本ってホームだからって強い国じゃないからさ~~。
どっちにしても、負け試合ほど腹立つものはねーのよ(怒) イライラして眠れないので、ブチまかせてもらいました☆

しっかし、ブログでスポーツネタは初めてじゃん(笑)
2005.03.26.Sat 02:14 | スポーツ | trackback(0) | comment(0)
OP無しでいきなり本編かよ~~~ッ!!!

リアルタイムでCMカットを頑張っているjoeですが、抜き打ちでそんなコトされては焦ってしまうではないですか!!
動転して、最初の「アルベール」って台詞は録画できたかできないか微妙なとこですよ!!!(涙)
「どうせDVD買うんだからいいだろか」というツッコミが聞こえるダス・・・(苦笑) それでも意地でも代々アニのCMはカットしたよv

なんということでしょうか!!
この一幕!! 「エドモン・ダンテス」というこの幕に、巌窟王でなく人の子、エドモン・ダンテスとして死んで逝く彼を!! 我々はこの事実にどう感じればいいんだうか!!


・・・と、大袈裟に言ってしまったけど、これが驚かないでいられるかってーのよ!!

余りにも凄まじい一生を送った伯爵が、ただの1人の男として逝きました・・・。
アルベールの持つ魂の一部に、巌窟王が屈したのか・・・失った心臓が再び脈打ち、一瞬にして赤い鮮血が胸に広がった。

不謹慎だけど「美しい」とも言える光景・・・。
死人になった彼の顔は肌色(褐色)で、病的にまで青かった伯爵のものではなかった。

伯爵がアルベールに託したもの。「エドモン・ダンテス」という男の存在を忘れないこと。
闇に封じられ、亡き者として生きていた彼にとっては、アルベールやエデの心の中で生き続けることができるのは、最高の喜びなんたじゃないだろか。
やっぱり一番人間として辛いことは、自分の存在を認めて貰えないことだろうからね・・・。

はい、ここで話は伯爵の死よりちょっと遡りますよ~~。

それにしても、エデ・・・。
危険な男であり、命の恩人であり、同じように屈辱の過去を持つ者として、彼女の伯爵に対する思慕は半端でないと思う。必死に伯爵の凶行を止めようと頑張って縋って懇願するけど、その願いは聞き入られるとこはなかったヨ。
んまぁ、それにアレだよね・・・。
いくら深く慕っていてもさ~、目の前で愛する色男の顔に、あんなに目がポコポコ出て来て光ったりなんてしたら、エデじゃなくて誰だって気絶しますわよ~~(苦笑)
しかも至近距離だしね・・・あれはビックリを通り越して怖いと思うヨ・・・うん、仕方ない。

んで、狂った父は伯爵との直接対決に向かったんですね~。
当然、伯爵を止めようとアルベールはシャンゼリゼに向かい、またエデも止めに向かったワケだけども・・・最早、人でなくなった伯爵に、どう復讐を止めることができるんだろうね~と疑問がたっぷり・・・。

甲冑ロボから降りて、生身で剣を交えるフェルナンと伯爵の間に入って来たエデ。
細い身体で間を遮って、涙ながらに「あなたを愛しているから」と、こんなことは止めて欲しいと乞うエデ。暫し動きの止まった伯爵に、「これはチャンスだ~☆」と卑怯にもエデを人質に取って出るフェルナン・・・(涙)
あちゃー、やっちゃったよ!! 卑怯で汚い手をパパ平気でやっちゃったよ・・・(嘆)

「お前はどこまでも甘いんだ、エドモン!!」と、伯爵を蔑むフェルナン。だけど、伯爵は顔色一つ変えず(いや、元々青いけどさ…w)に逆に高笑いをしてみせる・・・。

おーいおい・・・ベルッチオに銃を突き付けられて人質になってるのは、あなたの御子息(アルベール)ではないでしょうか・・・?(笑)

いやー、流石はアルベールです☆
アルベールはこうでなくっちゃ・・・という感じです!!

父の凶行を止めようと駆け付けたアルベールだけど、ナビしてくれたベルッチオにちゃっかり捕まって、エデとアルベールの人質大作戦!! なんともイヤハヤな状態ですよ~~。
これにはさすがのフェルナンも参った!! 勢いでさっきは妻に続いて撃ってしまったものの、やっぱりアルベールは血を分けた我が子・・・。

息子の命を捨ててでも伯爵を追い詰めるか・・・狂気に歪んでいたフェルナンの顔に、段々と人間にらしい人の親の表情が出て来て、ついにはエデを自ら解放する。
人の心を亡くした伯爵の前で、最後にフェルナンが選んだのはアルベールの命・・・。
やっぱり、どんなにバカでもどーしょーもない男でも、最後の最後に自分の息子の死を選択することなんで出来ないんだなぁ~~。所詮はフェルナンは「人としての欲望」の元に生きていた人であって、欲しかったのは「人の世の成功」だからね。

でーも、フェルナンとは全く違うのが伯爵。
自分の幸せと欲望のために友を地獄に叩き落としたフェルナンに、その息子に、今更どんな想いなど持てようか。
彼は「あっさりと殺しはしない」と宣言した通り、フェルナンを絶望のどん底へ落として、永遠の苦悶をもたらそうとする。

父の罪のために殺される息子。
愛する存在を奪われた絶望の闇―――それが伯爵の望む復讐だったのだ。


だから、土下座して息子の命乞いをするフェルナンに、伯爵は平然とベルッチオにアルベールを撃てと言うわけだ・・・。
心を失った彼には、アルベールはただの復讐の道具にしか過ぎないのだから。

命令され、逡巡するベルッチオ。
焦れた伯爵が自ら鉛を発射する。息子を庇おうとする父は間に合わず、発射した銃弾に崩れ落ちる一つの身体・・・。
けれど、鉛によって倒れたのはアルベールではなく、伯爵を巌窟王にさせたくなかったバティスタンだった・・・(涙)
バティスタンはあれだよね、伯爵を人に戻せるのはアルベールしかいないと信じていたんだろうな。アルベールを失ったら、最後の望みが途絶えてしまうからさ~~。

バティスタンの死を目の当たりにして、アルベールが叫んだ。
人の命より大事なものはなんだと!! 人を殺してまで獲たいものは何なのだと・・・!!
はいはい、ここがポイントですよ!!
フランツが言いたかったことはまさにコレです!!
学年末テストに「巌窟王テスト」があったら、間違いなく出題される大ポイントですよ!!
人の命を奪って獲るもの・・・それにどんな意味があるのか。新たに生まれた憎しみは何所に向かうのか・・・それらは統べてが無意味ではないのか・・・?

うえ~~ん!! アルベールが成長したよぉ~~(感涙)
フランツの死は無駄じゃなかったんだよぉ~~ッ(号泣)
親友の死から、アルベールはちゃんと理解していたんだよね。フランツが伝えたかったことはちゃーんとアルベールの心に届いていたんだよ・・・(涙)
苦しみと憎しみの連鎖を止めること―――それがアルベールがすべきことなんだってね。

だから、アルベールは躊躇わなかったよね・・・。
アルベールの前で完全に巌窟王となった伯爵。
巌窟王はアルベールに問う「お前に友の心が解るのか」と―――。
伸ばした腕で伯爵を抱き締めて、彼の耳に何かを囁いた時に、伯爵の中の巌窟王が苦痛に呻いた。
見る間に顔に貼付いていた醜い目が閉じ、止まったはずの心臓が再び鼓動を始めた。死すら許されず、永遠に闇を生きるだろう巌窟王が、アルベールの前に屈した瞬間だった。
青い顔、延びた牙を消え、伯爵はただの男もエドモン・ダンテスに戻っていたのだ・・・!!!


そして、冒頭にも言ったように、エドモンは死んだ・・・。
愛する伯爵と共に逝こうとするエデだったけど、伯爵が望んでいるのは彼女の死ではなく、彼を覚えていること(=生き続けること)だとアルベールは言った。
崩れて行く城の中で、フェルナンは清々しい顔で立ち尽くす。
自らの罪を認め、尊厳ある死を望んだ父も崩れ落ちる城に残った。今はただの男の屍となった友を見下し、フェルナンは流れる涙と共に死んで行ったよ・・・。
親友同士の再会はやっと死を迎えることで出来た気がする・・・。

んで、モンテ・クリスト伯爵―――エドモン・ダンテスは死んでしまいました。
彼の復讐劇は一応終ったとこになりますな。
彼を裏切った全ての人物には罰が下り、最後の最後に人として死ねた彼を想えば、ある意味、「めでたし、めでたし」と言ってもいいくらいではないでしょうかね~~。
でもね・・・ら、来週なんですよ、最終回は~~~~っ!!!
一体どうなるの!? まー、フランツが生き返るってことはないだろーけど(ガックリ)、後片付いていないことって一体なんだっけ・・・と記憶を手繰って行くんだけど、全く思い付かんのよ!!
うーんうーん・・・今までで一番、次回の内容が予想が出来ないんですけど(涙)

ともあれ、泣いても笑っても来週が最期!!
最期の最期でどうなるのか・・・それはもう制作したスタッフの人しか解らないワケで!!
こーなったら「最期を看取ってやるじゃん!!」と、意気込みたっぷりに迎えるしかないんだなぁ~~。

それでは、マドモアゼル・・・オールボワール!!!
2005.03.23.Wed 05:39 | 巌窟王 | trackback(0) | comment(2)
うい~す。
初期風邪で喉が痛いjoeです。
それでも早売りサンデーの感想は意地でもするという、バカでどうもすみません(笑)

関係ないけどサンデーで連載している漫画って「!」が付くのが多くない?? 数えてみたら6個もあったよ。他誌はこんなに付いてないと思うんだけどな~。

んだば、今週のサンデーの感想でやんす・・・

●ブリザード・アクセル
吹雪の親友、花音はなんとクラシックバレエをしていたんですな~~。しかも憧れが「ボレロ」とは・・・言っちゃ悪いけど、なんとも男臭いものをやりたいんだねぇ…。あれはやっぱり、力強いソリストしかできんモノだから、華奢な容貌の花音では無理だよ~~。意外と鬼ゾリの雷造のが似合うと思った。しかし、雷造の姉ちゃんたちって美人だな~~!!!
ともあれ、VTRでサラエボのボレロもジョルジュ・ドンのボレロも見ている我としては、本当に心踊る漫画でありんすv でも大金・・・どうすんだろ??
しかし、吹雪の家といい、「ボレロ」の建物といい、みんなファンタジーに出てくる可愛い家ばっかりだぞ☆

●見上げてごらん
はい~~!! 連載第2回目!!
強気で地震たっぷりの了に圧されてか、眼鏡くんの胃は規格外の了のことでビックリしまったみたいですなぁ~~。まあ、練習だけではNo.1ってのはよく日本のスポーツマンにいるそうなので、緊張しいにはあーゆーびっくり療法がいいのかもねv
んで、来週は了のサービスゲームだし、増々気になるところでありますよ!!

●金色のガッシュ!!
「メルメルメ~」しか言えないウマゴンにどうしろと・・・と心配していたけど、清麿のナイスフォロー&怒りのツッコミでどーにか回避できましたな。まー、割を食ったのは恵だったけどもw
んで、今回の人気投票。
ビ ク ト リ ー ム 様ではありませんかっ!!!(笑)
カラーページで偉そうにしている姿見ると微笑ましいわ~。

●焼き立て!! ジャぱん
まさかのり平がパン作りまで頑張ってくるとは・・・!! 先週のタイアップ攻撃(ペプシ甲羅とか・・・)の後で、今回は何が出るのかなーと期待していたんだけど、意外と普通だったな☆
河内の扱いがあーなのはいつも通りだけど、マツケンの漢っぷりがどんどん上がってるのはイイッ!!
でも、和馬には頑張ってもらいたいのーう。

●いでじゅう!
恋愛モードに一件落着したとこで、いつもの柔道部らしさが戻って参りました!! しかし、あれだよね・・・皮村って一番自分があーなりたくないキャラだよね・・・。自ら「もてない道」を突き進んでいるとしか思えないんだけど。
我的には花粉症になったチョメジがよかったv

●クロザクロ
1週振り~~。
あの双子のパンダのぬいぐるみが気になる・・・。なんだよ、あの動きw 可愛い動作で酷い技とかするタイプだろうか・・・戦闘が今から楽しみだなぁ。
幹人クンは相変わらずのオドっぷりだけど、どうにか集団で移動して、どんどんと物語り核心部へ行きそうだよね。
ここんとこザクロの動きはないし、夢も普通に見ていた後だけに、幹人の変化がすごく気になるずら~~。

●思春期刑事ミノル小林
エロ軍曹ことシマダ・・・・さ、最悪だよ!!!
いや~~、科学の力で恋愛しようっていいんですかねー、あそこまでの秘密ボディ(笑) なんだかんだと顔は使わなかったけど、あれはイカンだろって感じ。
今回はエビちゃんもミノルもシマダのツッコミ要員といいますが、デートを影ながら邪魔しまくっただけというか・・・w
どっちにしろ、巨大ロボでデートしてくれる女は絶対にいないなってことは思ったよ・・・

●兄ふんじゃった!
ここま兄の「弟ラブ」っぷりは、たまーに「憎んでいるのか?」って聞きたくなる。
実は最初のうちは我はローテンションで「つまんねーなー」と思っていたんだけど、反復される不条理を重ねて来ると次第に「こんなのもアリかな」って気になって来たから不思議です。
兄が一体なにをしたいのか、最終目的はなんなのか・・・そんなのを一切考えてはいけない漫画だなーと思うと、自然とハードルって下がるものなのかと。(ヒデーな!!)


もっともっと書きたいコト、漫画はいっぱいあるけど、とりあえずはこりくらいにしよっかなー。
来週もサンデーが楽しみである!!!
2005.03.22.Tue 23:58 | サンデー感想 | trackback(0) | comment(0)
キラが来たぁ~~~っ!!!

・・・でもそれはラストで、次回に持ち越しダス~ッ!!! ずーっと出るの待っていただけに、早く続きが見たいよーう!!!

なんか、種運命のレポ書くので久しぶりだなぁ~。
忙しい時に限って「書きたいー」って回だし、今日は書けるぞーって時に限って総集編・・・おちょくられてるわ(涙)
んまー、今回は久々に語ってしまおうってことで、嬉しい限りでやんす~~v

いやー、あれですね!!
西川くん飛ばしますねぇ~~☆
思わぬ「やる気」があって、多少なりの下手っぽさとかは許してあげたくなるから不思議です。
要はガンダムに対する愛と情熱を見せてくれたら、ファンってのは心が通じ合っちゃうものなのさ・・・フッ。
まー、そんな西川のハイネ。ずっと長くミネルヴァに乗っているレイが発した言葉よりも、搭乗してたった1日のハイネのがいっぱい喋くったやん。アスランに「名前で呼ばせろ」って言ってたあたりはピンスポット当ってたわ~~(笑)
今後もずっと活躍して行くんだろーけど、ゲストって状態じゃなくて出続けるワケでしょ? いやー、本当にやってくれるなぁ。そして頑張って欲しいっス!!!

さてさて、物語ですけど、またしても意地悪ですよ!!
カガリとキラのいないオーブと言えど、一度は一緒に戦った仲・・・あの時と事情が違うからって、アスランの心情は複雑なのはごもっとも。
軍人なんだから切り替えろって言われても、そう簡単には無理だよね~~。
だって、きっとアスランはこの戦いに賛同しているオーブの人は極僅かで、残りの人たちは昔のまま、戦わずに中立ょ保つってゆー建国理念を誇って守っている人が殆どなんだろーからさ。

でも、ミネルヴァもオーブ軍も結局上手いように使われているだけなんだけどさ・・・。
本当に悪いやつって自分の手を汚さないモンね~~。 あー、イヤだ・・・大人って汚い!!

でもさ~~、ステラってキモくないですかい??
ガンダム伝統の「イッちゃった女」ってヤツだけど、可哀想な境遇なんだろーけど共感は絶対できないタイプ・・・。髪の毛が水色や紫じゃないのが尽く惜しいトコですよ!!
スティングとアウルはどうってことないんだけど、ステラだけがイッちゃいすぎて怖い・・・。アスランを巡っての女の戦争も怖いけど、こいつも相当怖いよ・・・

久々にミリアリア出たね~。
ディアッカと再会することをすっっごく希望しておのますぞ☆ 連合軍のスクープとか探りすぎて死んでしまうってことは御勘弁で!! 彼女はいい子だから好きなのだ~~!!

そ れ よ り も キ ラ で す よ 。

もしかして・・・キラVSアスラン!? 
っていうか、アークエンジェルVSミネルヴァ??? 
どっちにしたってヤバいっつーか、またしても運命が複雑に絡まっちゃうんですかいぃ~~~(涙)

どうなるんだろ!? どうなっちゃうんだろ!?? 頼むから今直ぐ続きを見せてよーう!!!

ともあれ、土曜日は忙しいな~ってのが正直の気持ち(笑)
あと、なにげに1ヶ月のブログ更新記録を達成していたよv 忙しい時のが書いているってのが不思議だなぁ~~v
2005.03.20.Sun 00:54 | ガンダム系 | trackback(0) | comment(0)
最終兵器母さんメチャ弱い・・・(涙)

今回はアレですな・・・ギロロの複雑な胸中といったところでありましょうか(笑)
自分の気持ちを抑えて日向家掌握に出たけども、肝心の夏美が倒れてしまっては、いてもたってもいられなくなるっちーことですよ!!
いや~、赤い人って純情だわぁ~~v

タママの「いきなり団子は『クマモト拳』!!!」「かるかん饅頭は『カゴシマ拳』!!!」「ちんすこうは『オキナワ拳』!!!」「大あんまきは『アイチ拳』!!!」ってのはワロタわい~~v
トレーニング以外では面倒臭がり&我慢ができないタママが機械の修理なんてできず、かけ声だけのデタラメ修理・・・毎度毎度試されるドロロが不憫だったわい・・・(涙) 偶然の産物で電磁バリア解除はできたものの、ギロロが持って来た宇宙ケルベロスの肝は・・・(涙)

今回、献身に夏美の看病していた軍曹だけど、看病疲れでやっちゃったんだよね・・・万病に効くという、せっかくの宇宙ケルベロスの肝を食っちゃうなんてぇ~~!!!

まぁ、大体あの病ってクルル産のウィルスだしさ、ワクチン作ったクルルのお陰で病からは復活したものの、元々はケロロの依頼でのウィルスっつーことで・・・コテンパンに夏美から罰せられたのはやっぱりケロロっつーことで☆
最後まで「良い子」なケロロって気持ち悪いモンね~~!!!

原作とはちと変わったエピソードも挿入されていたりしていたけど、アニメとしてはこっちのが良いのかもね~。

しかし、まだケロロランド買って無いっスわ・・・。
後で買いに行こうとは思ってんだけど、書き下ろし部分が少ないだろうからって考えるからドピュンッて本屋に行かないんだろうか・・・???
でも、付録って嬉しいんだけど、結局使えなかったりして、いいんだか悪いんだか解らないヨなー。アニメイトで買ったグッズもいちゃんと使ってるのってストラップくらいだべか・・・(笑)

とりあえず、次回は土曜日の最終回ですな♪
そして4月からは金曜日の夕方にお引っ越しぃ~~vv また1年楽しいケロロライフを過ごせるのは幸せの極みでありまーす!!!
2005.03.19.Sat 12:19 | ケロロ軍曹 | trackback(1) | comment(0)
ラストが近付いている[BECK]。
いつまでも止まない雨に、やっと竜介と千葉もステージに上がったね。

一つの音に、どんどん音が重なって、5人が揃ってBECKの音になった。今までにない、ゾ・・・ッとするような研ぎすまされた感覚が、ステージを特別なものにさせているな。
だってさ・・・
グレイトフルサウンドを最後にバンドの解散を決意しちゃったんだもんね・・・だのに、ここに来てみんなが一つになって、今までで一番のライブができるってどーゆーことだよ!!!

寂しいねぇ~~~!!!
原作を読んでいる我としては、アニメがここで終っちゃうのが貯まらなく寂しい。

サクとの別れ、再結成への道のり、アメリカツアー、全国武者修行、コユキと真帆の恋愛の行方・・・どれも見たいエピソードがいっぱいあるんだよなぁ(涙) 映像でどーなるのか見たかったよう~~!!
制作側としても「やりたかったなぁ」って思えるネタが満載だと思うんだよね。枠(クール)が決っているからしょーがないけどさ、やっぱりついつい愚痴っちまうんだよね!!!

アニメ[BECK]は絵はダルダルに見えるだろうけど、機材にCG使ったり、色んな背景や無駄な動きに力入れていたりして、視覚的な違和感が無かったのはいいと思う。
ただ、(芸能人ではあるけど)素人声優が下手過ぎたよね・・・(苦笑)
まあ、このアニメの大事なところは音楽であるので、そこに力を入れてくれただけで大金星だと思う。
今まで、少女漫画を含めていろんな音楽モノ、芸能モノのアニメを見て来たけど、話がシリアスなだけ腰砕けというか、「これってギャグアニメですか?」って感じなんだよね。だから、[BECK]の音に関しては合格点ですよ!!
[BECK]という漫画は、どんなに頑張って才能があっても、楽に成功をおさめたのでは意味が無いってことを多く考えさせてくれるよね。
ダメで地味なコユキと一緒に、だらだらとスタートして、普通じゃ有り得ないスリリングな体験を竜介として、滅多に味わえない高揚感をBECKで感じた半年間だったと思う~~。

原作派の我としては、物申すことが少なからずあったけど(笑)、先入観なく見たアニメだとしたら高得点ですよ☆(偉そー)
時間帯とかよりも、映像倫理的にHすぎるネタはなくなるのは仕方ないし、たくさん出没する蝶野やバカキャラをアニメで晒すのも無理だと解ってるんだしね・・・

さてさて、作品として総括するにはまだ最終回ではないワケで、今回のグレイトフルサウンドではヨシキをfeat.したベル・アームとBECKのバンド力というか、根本にあるものの輝きの差がハッキリしましたな☆
蘭が下手なヨシキの歌に「ヨシキはソフト(ウェア)にすぎない」という言い方したけど、それはベル・アームも一緒で、大きな力によって造り出さけた偶像になっちゃったんだよね。
成功=名声という図式しか持っていなかったエイジには、それ異常に大事なものがあって、それを求める竜介は理解できないんだろうな・・・。
所詮は蘭の手駒でしかないのに、この成功をまんま信じてていいのかな・・・ずーっと売れないBECKよりも結果空しい終りを迎えそうだわ。
BECKがこのステージで持った一体感、予想外の化学変化(ケミストリー)ってのは、あの夢が見せたように「選ばれた者たち」だけでないとできないんだと思った・・・感動的だよね~~。
一緒に雨に打たれてライブに参加している気分になるよ♪

関係ないけど、[BECK]のサントラって悩むね。年中金欠の我は今後の散財の予定がもうあるので、これ以上の浪費はできませぬ・・・(涙) これはレンタルするか、友達の誰かが買うのを待つかするしかないと言う・・・ああ、貧乏って辛い!!!
欲しいものだったらB4の紙を真っ黒にするほどあるのに、神様ってなんて意地悪なんだろな~~(泣)

ともあれ、あのもう少しのこのライブ。
暖かくも真剣に見守って行こうと思います~~。
(でも、気になるのは21巻の続きだったりしてね…笑)
2005.03.19.Sat 00:31 | アニメ | trackback(0) | comment(0)
わんばんこ、マドモアゼル!!

毎週火曜日の深夜に似非フランス人となって楽しんでいる「巌窟王」ですが、いよいよ終焉が近付いて参りました・・・キャーッ!! 寂しいよう~~~!!!

素直な子だな、アルベール・・・(涙)
フランツの遺した言葉をそっくり飲み込んで、伯爵の傷と怨恨をも浄化しようとしていますよ!!


んで、伯爵がアルベールに自らの口で真実を語り出した訳だぬーん・・・。(ふざけている場合でないて!!)
当時(若かりし頃)のエドモンってばアルベールにそっくりだよね~~。
素直で真面目で正義感があって、裏切りの上に覆った親切を見抜けないでいた若者・・・。まさに、復讐の脚本に我知らず組み込まれたアルベールと一緒だね。色んな意味でおボコいというか、初すぎましたよ・・・(涙)

ただ、アルベールには心を許せる友人がいて、アルベールのために命をかけた親友もいる。大切な仲間に支えられて、どん底の今でも自分の両足で立っていられるのは、友たちの支えがそうさせているんだと思う。
親友に裏切られた男と、親友に救われる男・・・(※)
こんなに似ている二人なのに、神が与えた試練は違ったんだな。
用意された無限地獄で変貌して行ったエドモンが、暗闇の底で見つけたのが「復讐の光」じゃないのさ~~!! 
空しい!! あまりにも空しすぎる!! そして切ないんだよぅ~~!!
※でも同じ「親友」でもフェルナンとフランツでは質が違い過ぎるよな…。フランツは友達の幸せを妬むような腐った性格はしていませんよ~~!!!

しかしパパ・フェルナンってば!!! 寄りに寄ってクーデターとは何事じゃい~~!!
もうね、なんだろ??
戦隊もので負けた怪獣が巨大化して暴れるような・・・。自棄もここまでくるとみっともないと言うか、見てて可哀想になって来るわ・・・(号泣)
支離滅裂にメルセデスにまで八つ当たり・・・(涙)


しまいにゃー、妻も息子もピストルで撃つって、どんな父親だよッ!! 自分撃つ勇気がないって・・・情けねーぞ、ゴルァ~~ッ!!!

は~~、フェルナン・・・(号泣)
やっちゃった・・・こーゆーのって親や夫としてって言うより、人間としてダメダメじゃん。生命のピラミッドで最下位に置かれるべきモノやん・・・。
所詮、偽りの土台の上に建った城ってのは崩れるもんなんだね・・・。
どんなに嘘の履歴を綿密に作っても、港町の浅はかな男には過ぎる力(地位と権力)だったんだよね。いくら体裁を繕っても、いざと言う時には自らの手では捌き切れなくなる・・・。

やっぱり、人間は分相応でないとダメだね~~。
下手に自分の実力以上の評価を貰っちゃうと、それを維持しようと躍起になっちゃう。しかも、その過度な評価を自分の真価だと思うんだよ・・・(溜息)

フェルナンはある意味、「可哀想な人」だよね・・・。
もしも、エドナンを羨むことをせず、メルセデスとの関係すら応援し、ひた向きに仕事や自分磨きに努力していれば、一角の人物になっていただろうに。ちゃんと回転している時にはいい政治家だったんだからさぁ~~。
「人を陥れてまで幸せを強奪してはいけません!!」
幼稚園の保育士が園児に言い聞かせるような、本当に基本的なことですよ。それができない大人って大問題でしょーが!!

いくら幸せになっても、心の奥にいつも「後ろ暗い過去」があったら、心から笑えることなんてできないんだから。
せっかく築いた家庭だって、事実こんな状態まで崩壊しちゃったしね・・・ああ、悲惨な転落振り(涙)

ともあれ、次回は「因縁の親友直接対決」ですよ!!
傷を追ったアルベールが伯爵と父の間に入る訳か・・・。
フランツの息を途絶えさせた伯爵には、まだ我はモヤモヤと思うところはあるけれど、やっぱりこーして過去の事実と現在の状況を見ると、伯爵の復讐を完結させてやりたいと思ってしまう・・・。
司法で裁く以上の、自分が受けてきた同等の仕打ちを!!―――そう望んで何が悪いの?
複雑に絡んでしまった糸は断ち切るしかないのか・・・アルベールの葛藤はあるけど、人の心って論理では納得いかないもんだもんね。
我は最後まで黙って(それは無理か…)見守って行きたいと思います~~。

ところで!!
本日、仮眠も無しに見ていて、かなーり目がシパシパしておりますよ~~!!
オフィシャルブログでもアフレコは全て終了ってあったけど、色んな記事や空気が「もうちょっとで終りだよー」って言ってて、かなり寂しいです・・・。
ただ、アニメの録画は辛かった・・・!!(笑)
どうして意地でも(仮眠とってでも)リアルタイムで見ていたかと言うと、興奮してハマっていたのもあるけど、佐々木代々木アニメー●ョン学院のしょーもないCMを意地でも入れたくなかったから!!(怒)
あのCMは痛いよー・・・センス悪すぎるよ・・・。ここのCMで良かった試しなんて一度もないけど、アニメ業界の低レベルを見せつけるようで辛いんじゃよ~~。タレントもコージーは解るけど、歌ってる女誰だよ・・・止めてくれよ・・・(涙) 今までずっと言いたかったことがやっと言えた!! 関係者にはスマンけども~~


まあ、寂しがりやの巌窟ファンには有り難い、アフタヌーン誌での漫画の連載は始まるけど、やっぱりあの映像と声、音楽あってのワールドだから、自分の中で彩色して行くのは辛いと思う!! で~も、joeは今後も「巌窟王」を応援して行きますよ~~v

そうそう、オフィシャルブログにあったDVD初回限定・・・素敵ですなぁ。流石に先週の我のブログの後で、地元のショップに3巻からの予約を入れて来てしまいましたが・・・。
やっぱりあの手数料はデカいし辛いっしょ・・・!!

さて、またブツクサ言ってしまいましたが、興奮も冷めて来たので寝れそうです(笑)
来週までまた苦悶の夜が続いてしまうけど、最後まで見届けようではあーりませんか☆
2005.03.16.Wed 03:08 | 巌窟王 | trackback(0) | comment(3)
当然ながら、どんなに忙しくても早売りサンデーは買いますよ!!

今回の目玉は草場道輝センセの新連載テニス漫画「見上げてごらん」でありまーす☆

いや~、いいね。
コアなテニスですよ!! リアルにテニス好きな我としては、グランドスラムで活躍するよーなテニス漫画を待っていたのですよ!! 海外を舞台にして日本人が活躍するテニス漫画って、我が最後に詠んだのは「フィフティーンラブ(塀内夏子著)」かも知れん・・・懐かしいなぁ~。

さてさて、その「見上げてごらん」。漫画のタイトルとしては如何なものかと考え込むトコはありますが、中々良いスタートでございますよ!!
主人公の遊沢了は今までずーっと剣道をやっていて、テニスを始めるのが高校からってスタートも別にいいです。っていうか、正直、中学時代からのストーリー開始じゃなくて良かったぁ~~☆ っつーのが正直のところ。
どんなに魔球を打ったって、やっぱりテニスで一番大事なのは持久力(スタミナ)じゃないっスか!! Jr.の試合でワーワーやってると、新連載の一P目のセンターコートに一体何巻でたどり着けるのかってことやん!! イヤだーっ!! そんなに待つのはイヤだーっ!! インターハイで優勝して海外に・・・このシナリオで頼むっス!!(自分勝手)
とりあえずは日々、テニスというスポーツを身に付けて行く了に注目して行きたいと思います~v



今週のサンデーの感想ですじゃ☆
全部を書きたいし、イヤな漫画のダメ出しもしたいけど、そー全部は書いてらんないのだ!!
とりあえず、joeが楽しんだ漫画の感想で!!

●ブリザードアクセル
連載第2回目。吹雪のママ・・・酷い!! あの無視っぷりはネグレクトですよ(号泣) そりゃあれだよ、「誰でもいいから俺を見てくれ!! 注目して~~!!!」ってなるはずだよ(涙) んでも、眼鏡コーチにはバッチ注目されているし、しかもこの「注目されたい」ってのは上がらないってコトだもんねっ!! 今後の練習と友達の花音たちも気になるね!!
つか、フィギュアスケートを「フギャー」って吹雪の言い方が、子猫か赤ちゃんみたいで可愛いのう~~v
「フギャーやらせろ!!」って乗り込むあたり、相当な子供なんだけども。憎めない子ってのは主人公として大事なポイントだな!!

●いでじゅう!
桃りんと付き合うようになった林田。すっかりラブコメストーリーになってから、ハチャメチャ度が少なくなって寂しいワン。最初の頃のおバカな柔道部のが好きだったんだけどな~。
最近は東の部長ロックオンも少ないし(笑)
でも、桃パパの悪いイメージトレーニングは爆笑!! そりゃー、ハゲでも林田はマトモですって!!

●MAJOR
豪快すぎる性格って回りにしてみれば傍迷惑だよなぁ~。野球のことばっかりな吾郎に恋愛モードを求めるなんて、サンデー編集部はなに考えてんの!? つかさー、我って幼馴染みと当然のようにくっ付くって食い飽きたから、吾郎には金髪ガールとかとくっついて欲しいんですけど~(笑)
ところで、このW杯って本当に野球であるの?

●結界師
黒芒楼って皮取ったら誰が誰か余計に分かりにくくなった・・・我だけだべか? んでも、志々尾と良守ってなにげに仲間意識とか出来て来ちゃってる!? 最近の漫画ってグループ活動が多いから、結界師の3人って「少なっ!!」とか思ってしまう(笑)
でもやっぱり、我は結界師がサンデーで一番好きな絵ですわ・・・かっこいいなぁ~。

●思春期刑事ミノル小林
下ネタです!! 炸裂してますよ~~!! しかも相撲!! まわし!! はみ出し~~~ッ!!!(爆笑)
もー、流石と言うかね、これこそ「思春期」って感じですよ。しかも、今回は全くイカ袋署は無関係だった・・・こないだミハルちゃんだったからかなぁ??
んでも、男らしい外見で鍛えている人に限って、ちょっとしたコトが女っぽい・・・確信を突いたオチが大好きです!!!

●史上最強の弟子ケンイチ
なーんと、梁山泊の先生たちの技(性格まで)をコピーですよ~~!! あんなに強気なケンイチって初めて見たよね・・・つか、別人格だからできたことだけどさ(笑)
んでも、小さい頃から温厚のハズのケンイチじゃん? どうしてあそこまで龍斗に徹底的に憎まれるようなことになったんだろ・・・。拳を交えて理解した後で、実は美羽を巡ってとか、玩具壊したとか理由だったらどうしよ・・・(涙) でも大したこと無いんだろうなぁ~~。



今回は「クロザクロ」がなくて残念!! 毎回思うんだけどさー、あーゆー現代の職業でもないものって「取材のため」って書かれると、一体何を調べてるんだろ・・・って思っちゃうよね。
H×Hの「作者取材のため」は一度として信じたことなかったけども~(笑)

来週のサンデー目指して、1週間頑張って行こうと思いまーす☆
2005.03.14.Mon 23:37 | サンデー感想 | trackback(1) | comment(0)
ドロロは可愛いなぁ…。筆書きの絵書き歌も最高でありますよ~~v

つーことで、本日の「ケロロ軍曹」であります☆
今回は原作でもあったネタとホワイトデーでの桃華の企み(ポールの?)ですよ~~う!!

1本目のクルルは最高だったなぁ・・・(笑)
いや、ドロロもギロロも良かったけどさ~~。原作とはちーっと違うトコもあったけど、まあヨシとかるかーって感じで!!

でもあれだよね!! 漫画(原作)だと白黒だから、アニメになって「そうだったのか!!」ってのが結構あるよね~~。まさか、来るべきお菓子がダイヤモンドのように輝いているとか、あのギロロの変な帽子って金色の巻き毛だったとは、原作の段階では全く想像もしていなかったよー!!
しかし「来るべきお菓子」・・・一体どんな味がするんだろ。そしてどれ程厳選された材料で作ったらそんな金額になるんだろ・・・気になるわぁ~~。
西沢家のメイド隊のセーラー●ーン度が減っていたのは残念だけど、一番残念だったのは、軍曹が組み立てるプラモが情景シリーズじゃなくてお城シリーズ(しかも熊本城)ってことだろな・・・「しょーもない度」が下がっちゃった気がしるわい。
まー、怒りMAXのドロロが見れたのは嬉しいから、ちょっとくらいの変化は問題ないっスが!!!

んで、2本目~~。
またしても西沢家は巨額資金を湯水のように使って、しょーもないことをしてしまいましたっ☆
いや~~、あのポールの行き過ぎた感が堪らなくいいよー!! 「桃華様のためにぃ~~~ッ!!!」という保護愛が返って冬樹くんとの間になくていい溝を掘っている気がしますわ・・・(汗)
まあ、それはそれ!! 楽しければなんでもいいのがケロロ軍曹ってことで、今までの作戦の中で一番の手間と金を使っていそうだし、見ていてポールのアホさが出ていてとっても良かったべよ!!

しかしアレだよね、冬樹クン可愛いよね・・・v
思うに冬樹クンを拉致して、西沢家のどっかの海外施設で外部の手が入らない状態を作った方がずーっと楽だった気もするんだけどさ・・・そんなこと言っちゃったら、ドラえもんのアイテムだって半分以上は既存の道具を組み合わせれば一緒的な無駄扱いになっちゃうもんねっ(汗)
まさに「無駄の美学」ってやつでしょうか。ゆとりがあるから物事って面白いのよ・・・ってな♪

でもポールのドロロ対策は酷い・・・。トラウマスイッチを押すなんて人のすることじゃないべよ!! なんでだろ・・・。我ってば彼が可哀想過ぎて、ますますドロロが好きになってしまっただ(笑)


ともあれ、今回は我が好きな冬樹クンが出番いっぱいで良かったぞな~~。ただ、ケロロのバカさ加減が少なかったのは残念!!
もっとケロロがバカやって、ドタバタなるのも好きなだけにぃ~~(泣)

最後に、ドロロの絵書き歌可愛い!!
筆なのもいいけど、甘い声で歌う草尾のボイスに微笑んでしまった~~。
4月から放送時間が金曜日の夕方18時~になるけど、やっぱりOPもEDも歌は一新するのかなぁ~~。
つか、カラオケの「ケロッとマーチ」に絵を入れてくださぁい~~~っ!!!
2005.03.12.Sat 17:09 | ケロロ軍曹 | trackback(0) | comment(2)
水曜深夜の「BECK」の感想が今かい・・・(涙)
まあ、色々と忙しいから仕方ないってことで、古いネタだけど許してたもれ~~☆

はい~、竜介の「お前はBECKに必要のない人間なのかも知れない」と言われて、ショックの余りにステージを放って行ってしまった千葉クン・・・
またも竜介が火種かよ~~ッ(怒)って感じですなぁ!!
しかも、自分が追い出したのに、「千葉がいないんじゃ(演奏)できないな」発言・・・!!! おいおい、なんて自分勝手な男だよ・・・レオン・サイクスに変な賭を仕掛けられて乗っちゃったバカだけにいっぱいいっぱいだったんだろーけど、無責任な竜介には我輩ガッカリですじゃ~~。
やっぱり、最後の最後に任せられるのって平くんだよな~~。竜介に交渉とかさせちゃイカンって!!

んで、原作の通りに平クン、サク、コユキで散々千葉を捜しまわったものの、結局は見つからず・・・。刻一刻と近付くステージの時間にコユキ1人がアコギを持ってステージ立ったのですよ~~。(でも、原作にあったミスはなくて、すんなりと歌い出したもんだのぅ~)
ビートルズで始まったステージが、サク、平クンって音が加わって行って、最後には千葉が合流・・・と(それは来週だけども)☆
うーむ、なんとも締めにはいい場面ではないでしょうか・・・。んで、そーなるとやっぱりグレイトフルサウンドでアニメは終了ってことだよね???
あーあ、寂しいなぁ~~。原作が月刊だから、なかなか出ないコミックスの気持ちを紛らわすのにアニメが丁度良かったんだけども~~(ヲイ!)

あ、BECKと言えば、劇中の歌やそれを歌っている中の人(笑)でライブをやるそうですな~~♪ 聞きたいけど、わざわざ行きたくないという我の性格が出てしまってんだけども、BECKの中で流れている曲をカラオケで歌いたい!! という欲求があるのだ~~!!!
特にアレだよ、ダイブリの持ち歌として紹介された最初のエンディングは歌いたいわ~~。巌窟のエンディングも同じく歌いたいけど、ああれのらいノリがいいものを歌いたいんだわさ。BECKオープニングはもうとっくに歌ってもうたんで、今はメーカーが入れてくれるのを期待する限りvv

あともうちょっとで「BECK(アニメ)」も終り。まー、切るにはいい場面だけど、BECKのアメリカツアーとかも見たいよなぁ・・・このまま放送続けて欲しいけど、ダメなんじゃろか?
とにかく、漫画は漫画、アニメはアニメ。joeはどっちのBECKも応援しまーす☆
2005.03.11.Fri 21:33 | アニメ | trackback(1) | comment(0)
帰って直ぐにビデオ見たヨ(笑)
なんてったって、今回は砂トリオが大活躍でありますから~~vv
(って、別に我は砂ファンではないですよ? 内容が楽しい回だから喜んでるだけであって…モゴモゴ)



さ~てさて。
アニメのことを語る前に、先ずはWJ本誌の方を~♪
一昨日に友達が電話で「今週のWJ早く見なよ~。そしてブログで語りなよ~~」と言っていた・・・あ~、すっかり忘れてしまっていたよ!! ごめんなさいよ~v
なんでだろ・・・ヤンマガの小日向は昨日立ち読みしたのにぃ~~っつーことで、本日になってWJを立ち読みしました…(笑)

なるほど、イルカスキーの友達はウホウホだったに違い無い(笑) イルカの出番が多いのはいいんだけど、我が気になったのは、すんなり攫われてしまった我愛羅のことでありますよ!!!

おいおい、風影ってそんなに簡単に攫われていいんですか…??
・・・などと、心配もひとしお。
カンクロウの必死の抵抗も無駄で、まるでお姫さまのように攫われてしまった・・・(ビックリ!)
ま~、砂は木ノ葉以上に人出不足だろーし、多勢に無勢とあっては流石の我愛羅も相手するのは大変なんだけどさ~~。
ンマー、またしてもピンチをナルトに助けられるってシナリオも嫌いではないですよ・・・なーんつて!!(テヘv) 将来的には風影と火影としてトップ会談とかで仲良くするだろーしな…友好国の繋がりってやっぱり大事よね!! 暁も心配だけどさ~、他の国の長の動きもそのうち出てくるだろーし・・・ってナルトって何巻までだよ!! 流石に長過ぎるか???

んで、ナルトとサクラとカカシが我愛羅救出に動くってワケね!! いいわ~~v いよいよ、ナルトが自来也と修行した技の数々が見れそうだからね♪
ナルトってまだ成長したトコ見せてくれてないもん。やっぱりめちゃ気になるってもんよ!!
でも、よくよく考えてみると、丁度中忍の試験の時に里を離れる訳で、またしてもナルトは中忍に上がることができないんではないでしょうか・・・?
事実上はもうカカシを凌ぐ程の技量を持っていそうだけど、下忍のままっぽいな・・・。つーか、ここまで来たら下忍のままで火影になって、違う意味での「伝説の(下忍のままで)火影」になっちゃうそう~~(笑)
ともあれ、来週が楽しみであります☆



ここでアニメに戻りますよ~~v
いやー、砂トリオは大活躍ですよ!! それぞれに容赦ない戦い方をしてみせて、まるで木ノ葉の子たちが弱いみたいに見えるけど、あれはある程度彼等が追い詰めていたからこそ・・・って思って良いよね?
しっかしテマリ・・・。あれは反則だよ(涙)
完全に森林破壊ですよ!! あんなに葉のある枝を広範囲で切り落としちゃったら、光合成ができなくて木々が死んでしまうでないですか~~!!! 幹の太さから考えて、大した樹齢の木々ですよ・・・
にゃーんて、漫画の世界で環境問題を提議しても仕方ないか(笑) 既にナルトVS我愛羅で色々破壊しているだろーしね・・・(苦笑)
んで、またまた気になるのは君麻呂です。
あんなに骨を取り出して、飛ばしたりして、骨がないから身体がグニャッてならないの? ってトコ。筋肉で支えているのだろうかとか、使わない骨が移動しているのかとか、骨を体内で生成できるんだろうか・・・等と色々考えてしまいました。(また深読み病…)

どっちにしろ、来週は我愛羅vs君麻呂を堪能できるってことダワサ・・・楽しみだのう~~vv
2005.03.10.Thu 00:06 | NARUTO | trackback(0) | comment(0)
ついに明らかになった過去の経緯・・・。

ダングラールは昔から腹黒かったんだなぁ~~。顔も不細工だし、あの眼鏡も健在だったのが大受け。キテレツな流行だと思っていたけど、ダングラールだけのブームだったのかと納得!!
でもさ~、宇宙放浪の旅(刑)ってのは復讐的にはどうよ?? ちょっと温いかな? 末は窒息か餓死か・・・発狂死なのかな~?? まー、ムカつく男だからいいや!!
同じく事実上死を迎えたヴィルフォール。
脳が溶ける薬って凄いなぁ・・・寝たきり状態ってことか?? どっちにしても空しい死だわ。死に方としてはジンワリ、ジンワリ・・・と進行して行くのがイヤだ。地位があって悪事に長けた人だっただけに、こーゆーのは辱める感じでいいのかも。
でもさー、「これで1人・・・」とカウントされるのも怖いヨな。伯爵・・・容赦ないわ~~。残るはフェルナンただ1人っ感じ?? うわ~~~ッ!!!

でも、絶対に認めたく無いけど、フランツのがまともな殺され方かな~とか思っちゃったよ…(涙) 長く死の恐怖を味わうのは嫌だべよ~。んなこと言っても、今でもフランツの死については許してないけどね!!

ところで、回想でチラチラと出た若かりしエドモンはカッコイイの~う。青白く人間離れした伯爵よりもタイプだったかも知れんわ(笑) 元々我は健康的な人が好きだしのーう。あとは王子系v

まー、過去をドドッと暴露したとこで、伯爵自らの手でトドメを刺しまくってますね~~☆
念入りに下準備をしていただけに、予定通りに物事が進んで行きます。だから、こうして幕引きが一挙にできるワケですな~~。流石は伯爵!! まー、唯一の誤算はアルベールが想像以上にしぶとくて、意外と逞しかったことだろか・・・。

で、今回は「貴公子の正体」です。
アンドレアは確かに身分を偽っていたってのは解るけども、やっぱりあの性格は拍手するべきとこがありますな♪ ある意味で御立派ですわ・・・。
実の親に復讐するために伯爵と手を組んだってことだもんな~。伯爵もだけど、自分の未来を捨てて復讐に身を投じるのって凄いよね~~。まさに怨念の塊って感じ!!
それでも、異母妹のヴァランティーヌのことは恨まなかったんかな?? もしもアルたちが彼女をマクシミリアンと逃がさなかったら、あのまま彼女も殺されたり廃人にされたりしたんだろか・・・。
(いや、結局は病人だけど、あれは義母がしたことだしのーう)
どっちにしろ、あの父の子供にしては伯爵の恨みの効能が薄くて済んだんじゃないかな??
あ、でも、一番マシだったのはユージェニーか。怖い思いやフィジカルな痛みもないしな・・・あの程度じゃトラウマにもならんだろーし。

しっかし、アルベールぼっちゃんってば!! フランツの手紙に「憎むな」って書いてあったからって、伯爵をまだ救おうとするんですか・・・(呆)
まあ、その素直な心がいいんだけどさ~~、届かない正義って切ない通りこしてカッコ悪いやんかぁ・・・。
まあね、この子は貴族だとか、父親があーなっちゃって恥ずかしいとかそーゆー変なプライドはない子だし。元々も自分がこう!って思ったことにはなりふり構わないんだろーけどさ。ここまで徹底的に復讐しまくっている伯爵に対抗するのが「真直ぐな気持ち」ってのはどうよ?? う~~、応援したいけど「無理だろー」と冷静に考えちゃう自分がイヤだわさ~~(涙) 

ところで、フランツの死から過去のビデオを見返せません・・・。
だから、当然ながらDVDも封も開けていません(涙)
だってさ、アルベールの横で優しく微笑むフランツ見たら、絶対に泣き出しちゃいそーなんだもん!!
なんかさ、なにをするにも「でも、結局フランツは・・・」ってあの決闘にイメージが結び付いちゃうといいますか(号泣) 大きな溜息をついては「どうして殺したんだよぅ~」って飲んだくれの愚痴みたいなことを言い出しちゃうんだよね。仕方ないよ・・・フランツは素晴らし過ぎた!!
こーゆー状態をjoeは過去にも体験しています・・・。これはまさにロミオの青い空」のアルフレドが死んでしまった時と全く同じ症状ですぞ~~!!! ああ・・・彼も金髪で、年令以上に落ち着いていて、常に冷静で周りが見えていた少年だったよ・・・しかも金髪!! 我の好きなタイプがモロ解りで情けないけど、やっぱりフランツやアルフレドみたいな子は世界的に保護されるべきなんですよ!!(どキッパリ)

脱線してとこで、巌窟に戻って・・・
例の本が到着したんだけど、梱包料のバカ高さに流石の我も散財を反省しました。つーか、送料までちゃんと取っているのに、どこをどーしたらあんなに手数料が高くなるのか明細出して欲しいよ(怒) 普通、送料と手数料って一緒で500円程度でしょ~~??
仮眠とってまでリアルタイムで見て、DVDも本も予約して・・・かなーり貢献している気持ちでいたのにこの仕打ち!!―――みたいな!! つーことで、我輩はDVDの3巻からは地元のショップで予約して買うことにしましたよ・・・10%引きになるし、ポイントもつくしね。特典は惜しいけど、それ以上にポイントと割引きも入れると毎回2000円近くも安くなる事実に腰が抜け申した・・・
もうね、貧乏人をバカにするなよって思っちゃったよ。愛していても、こーゆートコでシビアになるのがB型ヤギ座の複雑な性格のせいだろうか・・・。本も内容には満足しているんだけどさ~金額の割には薄いよな・・・とか思っちゃったのさ!! GONZOの方には申し訳ないですけど!!(だから手数料を安くしてよ~~)

だば、最後は愚痴(しかも経済的な)になってしまいましたが、ついに来週は伯爵とアルベールがまた対峙します☆
一体どんな会話が繰り広げられるのか・・・アルベールは伯爵を止める手立てがあるのか!?
ああ・・・また眠れない日が続きますヨ。
でもきっと、アルベールは大丈夫!! だって彼には守護天使となったフランツが見守っているんですもの・・・☆* (ヲトメ~w)
2005.03.09.Wed 03:19 | 巌窟王 | trackback(1) | comment(4)
早売りサンデーは買ったのに、ジャンプを立ち読んで来なかった…まあ、ジャンプは明日でいいかな~と思ったり。

さてさてさて!!!
いよいよ始まりましたよ、鈴木央センセのフィギュアスケート漫画「ブリザード・アクセル」!!

読み切り時とは主人公は一緒だけど、設定や共演キャラがガラリと変わって来ました!! なるほど、こーやって連載が始まるワケかぁ・・・と感心しちゃった感じ~~。

いや~~、主人公の北里吹雪は出来過ぎる兄弟でみそっかす扱い。そのせいか「なんでもいいから注目されたぁ~い!!」と、唯一の得意である喧嘩で100連勝中。今では皆にヤンキーとして怖がられ、目を逸らされるようになったしまったのだ・・・。
初めての今回は、そんな吹雪が友達と遊びに来たスケートリンクでスケートクラブに因縁つけて挑んだジャンプ対決で、見事な跳躍と回転を見せるんだわさ~~(ミハル?) イケメンの眼鏡コーチ(ここはポイントですよv)の、文字どおりお眼鏡に適ったようでw、次週からはフィギュアスケートを始めそうな感じですよ!!
なんだろな・・・「可愛いんだけどバカで凶暴」ってのがまたまた可愛いトコなんだよねv バカな子ほど可愛いといいますか、「ああ、うちの子がお騒がせして・・・」と後を追いながら謝って行きたい感じ?
親友の雷造(見た目は恐いけど大人しい)と花音(儚気な美少年だけど冷静)もカラーを見る限りではスケートを始めそうです☆ いいんでないの~~??! あー、次週が楽しみだぁ♪

日本フィギュアスケートは現在は女子だけが世界でトップを狙える位置。この漫画がきっかけで男子の競技人口が増えて欲しいよーう。漫画の題材としては少女漫画っぽいけど、是非とも鈴木センセには頑張って貰いたいダス!!



ここからはサンデー15号の感想ですよ~~。

●クロザクロ
なーんだ☆ 敵かと思ってビビッたよぅ~~!! 御形の仲間(しかも名前が春の七草でワロタ)じゃったんか(笑) また個性が強いキャラが出て来たんで、グッと物語が締まって来たよね☆ 菘とスズシロ(漢字ないよ…)はロリ系衣装だったから、思わずマジレンジャーのナイとメアかと思ってもうた…(執筆時期から見て偶然だしw)
しかし、オモロくなって来たのに、来週休みにショック!!

●焼きたて!! ジャぱんですよ!
毎回ビックリするような対戦相手だけどさ、まさか桃屋の看板キャラクターを持ってくるとは思わなかったよ!! しかもタイトルまで変えて来るとは・・・流石はリアクション漫画の頂点ですv
いいのかなぁ~~、アニメでは誰が声すんのかなぁ~~、つか無かったことにされたらどーすんだよって感じ!!
のり平そっくり過ぎ・・・著作権とかどーなんですかい??

●最強! あおい坂高校野球部
いよいよ本気を出して宝田攻略に乗り出したあおい坂野球部!! 右京なんてさ~、可愛い華奢な格好で実はスラッガーってのアリ?? それぞれの得意分野(役割分担)がハッキリしてていいよね。スピード感ある絵だから、この調子でテンポ良く行きたいのう~~。

●WiLD LiFE
またしても無意識に自分の株を上げてしまった鉄生!! まあ、楽して地位を確実に上げて行く陵刀に比べれば、実は陰謀なんて大したことないんだけどさ~~。(って言うか、必ずと言って良いほど鉄生に有利になるんだけどさ…)
でも、いつもこの漫画見ていると、動物だけじゃないことかあって、我も感心しちゃうんだなぁ~~。

●史上最強の弟子 ケンイチ
「最強の弟子」たる由縁が見えて来ましたよ!! なるほど~~う。知らず知らずに師匠たちの技を盗んでいた(学んで?)んだなぁ~。元々マニュアル大好き人間だから、意外と真似って上手そうだしね☆
関係ないけど、我はハーミットが好きですよ!!(ホント関係ない…)

●D-LIVE!!
ASEドライバーって休みないんだねぇ・・・。ヤング百舌鳥さんの回想にあった影って斑鳩パパかな? 逆光で見えないのが残念!! しかし、今回は山で誘拐騒ぎか・・・また足場が悪いトコでよーやるなぁ。といいつつ、来週が楽しみなんだけどね☆
なに気に温泉に浸かった波戸のパーマの巻きがキツく見えたの気のせい? 天パだったりして…w



ともあれ、今号もサンデーを楽しみました♪
次週からは草場センセの新連載が始まるってことで嬉しい限り。しかも、我が期待する本格テニス漫画!!!
この競技で活躍するプロ選手が見ても、嘘がなくて共感出来る本物ののスポ根を期待してますよ!!!
2005.03.07.Mon 21:45 | サンデー感想 | trackback(0) | comment(0)
出かける前に支度しながら見た「魔法戦隊マジレンジャー」。爆笑してしまって、朝からパッチリ目覚めてしまいました・・・(涙)

マージ・マジ・マジーロ!!!

そう言うだけで大変身!! おいおい、今更「ハリー・ポッター」を意識した戦隊ものってアリかよ~~~(涙)
我は今日で見るのはニ度目なんだけど、なんともう2話で母(マジマザー)が死んでいるという事実・・・まだ始まったばっかなのに!!! 早い展開だよなぁ~~。くくくく(笑)

大体さ~、ママが死んだ翌週にはもうマンドラ坊やってゆー、へんな植物の知恵袋(?)をゲットし、兄弟和気あいあいと笑ってるし・・・今日なんて「ママに貰ったコンパクト」という、涙頂戴アイテムはないがしろ!! どこまでも三男(マジレッド)に甘い姉・・・(呆)

この「魔法戦隊マジレンジャー」をしらない人のために、プチ説明。
なんの疑問もなく日々を過ごしていた小津5人兄弟。三男(末っ子)は高校生らしいけど、他の兄弟がなにしているのか不明~。母子家庭のファミリーに突然の転機が来たのは、怪獣が町を襲ってから!!(唐突すぎ~)
いきなり兄弟の前でママが「マージ・マジ・マジーロ!」と携帯電話を振り翳して変身し、マジマザー降臨ですよ!! とりあえず怪獣を倒したママが、家に帰って説明したことにゃ・・・
「わたしたちは天空聖者から魔法を授かった魔法使いなのよ!!」と来たもんだ!!
いきなりの宇宙人宣言ですよ!! 流石ぁ~~~っvv
んで、いきなり渡された携帯(マージフォンw)で4人の年長兄弟が変身し、新たな魔物退治に向かったのらー。末っ子の魁はチャランポランだからなのか解らないけど、本気で「兄弟を助けたい」って思うまでお預けプレイだった・・・ママも酷いなぁ。

とりあえず、2話でママは死に、地底冥府インフェルシアの侵略を防せげるのは兄弟だけとゆーことになったワケ。
毎回、新しい呪文をゲトすんだけどさー、それがまた爆笑の呪文だったりして・・・(笑) 幼稚園で子供達がぶつぶつ唱えること考えるとかなーり受けたりするのら☆

まー、今回は見たけど、ビデオに録画してまで見たくないし、休んでいるのを無理に目覚ましかけても見たくない・・・。今後は偶然に見れる時だけ見ようと思います(笑)
だってさ~、我のタイプっていないし、演技もヘタだし・・・なによりもストーリーが単純過ぎてのう。「ウケル」だけで見るにはまだまだだったりするのだー。

では、マージ・マジ・マジーロ!
2005.03.07.Mon 00:53 | 実写・特撮 | trackback(1) | comment(0)
はい~、夢中になって見ているアニメも今月で殆どが終り・・・。「ケロロ軍曹」は金曜の夕方に移動するけど、大体はお別れの時期だよね~。サミスィ~~~ッ!!!
まあまあ、別れの後には出合いがあるっつーことで、少し早いけども新作アニメをペタッて貼っておくじゃーん♪


●04月04日(月)25:00~テレビ東京「創聖のアクエリオン」☆☆☆☆☆
・18:30~ テレビ東京「うえきの法則」☆☆☆☆
●04月05日(火)18:00~テレビ東京「EREMENTAR GERAD」☆☆☆
・04月05日(火)25:30~テレビ東京「ガラスの仮面」☆☆
●04月06日(水)19:00~テレビ東京「アイシールド21」☆☆
・04月06日(水)26:40~テレビ東京「LOVELESS」☆☆☆
●04月17日(日)07:00~TBS「交響詩篇エウレカセブン」☆☆☆☆
●04月28日(木)24:00~WOWOWノンクス「トリニティ・ブラッド」☆☆☆


[スペシャル番組]

・3月22日(火)25:29 日本テレビ 「お伽草子 特別編1」
・3月29日(火)25:29 日本テレビ 「お伽草子 特別編2」
・3月31日(木)25:00 WOWOW「コゼットの肖像 特別版」


放送日や局は解らないけど見たいものとか、まだまだ先のものとか。
キッズステーションもスカパーも見れないよう~~(涙)

・04/13(水)24:00 キッズST 「IZUMO -猛き剣の閃記-
・日テレ「攻殻機動隊S.A.C. 2nd GIG」(MONSTERの後番?)
・05/14(土)BS2「絶対少年」☆☆☆☆
・05/21(日)19:30 NHK総合「雪の女王 The Snou Queen」☆☆☆
・日テレ 春「熱風海陸ブシロード Animajestic Movie」☆☆☆


☆があるのはjoeが絶対に見ようと心に決めているモノだすよ!! 数はその思い入れによって違います(笑)
もちろん、ここに上げたのは4月から始まるアニメの半分くらい。
こりは飽くまでも「我のお薦め」なので、いつものようにギャルがいっぱい出てるアニメや、あまりにも子供向けのアニメ、たらたらと退屈そうなアニメは削ってあります~。
偏りの無い全部のアニメ情報が見たいって人は、検索するかしてアニメ紹介サイトにでも飛んでくだされ~~(不親切)。
2005.03.05.Sat 19:09 | アニメ | trackback(0) | comment(1)
5月ボケには2ヶ月も早い、メイ・ゾーンならぬ「ケロッとマーチ」作戦が執行されました。

んで、綾波降臨したぁ~~~ッ!!!

さすがは角川です!! さすがは少年エースです!! アニメの制作会社の枠なんて全く関係ないですよ~う♪ 名台詞を鏤めつつも、やっぱり出たなエヴァパロディーがぁ~~~っ!!!(爆笑)
流石に林原の声までは降臨できなかったけど、できるギリギリまでパクったこーゆー、アホなノリがケロロの良さなんだよね~(笑)
最近のアニメはどうもパンチが弱いと思っていただけに、我輩、嬉しさでトリプルアクセルしてしまったであります!!!

さてさて、今回は冬樹殿が大活躍でした~~☆
可愛いよなー、あーゆーおっとりしててちと抜けているとことかが堪らなく可愛いんだよなぁ・・・しみじみ。

秋ママの治療は一歩間違えると窒息死しそーだけど、全く世間のボケとは関係ない、3月という時期にポ~~ッとなっちゃう、冬樹くんのズレたアンテナも良しとするべ。(漫画ではちゃんと5月になってるけどさ~)

今回もケロロはばく進!!
つか、ばく進し過ぎて自分まで被害者になる始末(涙) 開発者のクルルまでも共倒れてしまって、残ったのが免疫保持者の冬樹と秘密工作員だったドロロだけ・・・。
つーかさぁ、よくよく考えてみると、よくよく考えてみると、コミックスでもアニメでも最終的な地球の危機を救うのっていつも冬樹とドロロなんだにゃ~~☆
いっつもやる気満々の宇宙(私立探偵)ヒーローである556はローテンション(に見えないけど)で寝ちゃうし、全く、頼りになるのってみかけによらないもんだよね!!

ところで、我が今回1人で密かに受けていたのがケロロのコスプレ!!
あれって死神博士と刑事物語!? 全く、九州出身だからって武田鉄矢のハンガーヌンチャクはいくらなんでも古すぎるだろが~~!!(金八で説教はできんか・・・放送中だしな)

にしても、ケロロってばさ、頭の中のステータスが「夏美をギャフンと言わせる」「冬樹に褒められる」しかなくなってんですけど・・・汗。
最早、地球侵略よりもそれに重きをおいているよ・・・ヤバくね?? 「凄いよ、軍曹~~」の一言欲しさ
・・・ふ、不憫だ(涙) 確かに我も冬樹クンに羨望の眼差しで見てもらえるんだったら、間違いなくバリバリ頑張りますよ!! なんだかんだ言ってもね!! ある意味、軍曹大正解☆

・・・と、脱線してしまいました(テヘv)
まあ、今回は満足なケロロだったっつーことで☆

しかし、なんなんだ? 忙しい時のがブログ更新ちゃんとできるってのは・・・(呆) 今日はこの後でガンダムSDを見るのだぁ~~
2005.03.05.Sat 17:46 | ケロロ軍曹 | trackback(0) | comment(0)
今回のアカデミー賞で主演のジェイミー・フォックスが見事、主演男優賞を受賞したワケで、シャンテシネは大変な混雑をしています・・・。

もっとデカい箱で公開しろっての!!(怒)

なんのコトかってゆーと、それは「レイ -Ray-」のこと。
日本のバイヤーの読み違いというか、またしても「豪華キャストがいないから、大々的に公開しても人が入らないだろう」と思った感じがプンプン臭って来ますな~~。
んでも、オスカーはもちろんのこと、本年度はグラミー賞も「Ray」一色で、いかにアメリカ人にレイ・チャールズという人が愛されていたのかということが解りますねぇ~~。
我にしてみれば、気がついたらレイ・チャールズはアメリカ音楽界の重鎮で、もうお爺ちゃんなのに精力的に活動するな~~ってね。麻薬のことも知っていたけど、彼の生い立ちまでは気にならなかった。ぶっちゃけ、アーティストってのはみんな麻薬しているんだと信じていた節もあるしな・・・(ヲイ!)

この「Ray」はレイ・チャールズ本人が「ジェイミー・フォックス
だったら自分を演じて良い」という太鼓判を押してから、彼が亡くなってしまった後までの長い時間をかけて撮影したもの。歩き方、話し方、歌・・・なにもかもをコピーした、否、ジェイミー・フォックスの身体にレイ・チャールズの魂が入り込んだかのような熱演が、観客に雑念を抱かせることなくその時代の音楽と空気を感じさせるんだよね。
まさに、今年の賞レースは「レイ・チャールズへのオマージュ」といったところだったのだ~~。

まー、この作品はこれから上映館も増えて、何万人って人が見るだろうし、伝記映画でもあるので下手に粗筋を説明してもしょうがないんで、ここは我の主観の感想を書いて行くつもりダス☆

幼少時のレイはまだ目も見えて、貧しいながらも自尊心と自立心ある母に育てられた。
弟を亡くし、視力を失くしたレイに、母は厳しく躾をし続ける。
「施しは受けるな。盲目と言うことを人に知られるな」と、あまりに厳しい指導は子供のレイには辛いことだったと思う。
それでも、失明した息子の名が「Ray」なのは皮肉だよね。
一種暗示があるのかと思ってしまうくらい。この単語には放射線や光明、ひらめき、希望の光・・・といった意味合いがある。貧しい親が子供につける名前にはピッタリだろうけど、失明した彼が持つということに神憑かり的なものを感じるんだよね。

レイ・チャールズに取って、音楽はまさに「一縷の希望」。神様がくれた唯一の武器だったんだな。そして、彼はたくさんの人に利用され、利用し、また利用されながら成功を積み重ねて行った。苦しみから逃れるために始めたドラッグが、身体と社会的地位を蝕んでも、救いの手を差伸べようとする妻の手を取らなかったのは、内面の最奥にある「罪悪感」と向き合えなかったからなんだねぇ・・・。
どんな立派な人だって、自分の中に触れたくない暗い部分があるだろうし、レイの場合は幼年期の過ちをずっと悔いていたんだけど、それってのは「もういいよ」と心を包んでくれる母の手が欲しかったってことなんだろーね。
自らも病弱だった母は、息子が欲しがる優しい腕を与えず、自分がいなくなった後の息子の心配をしちゃったんだな。どっちも正しくて、ほんのちょっとの行き違いが長くレイの中で渦巻くことになるんだわ・・・うーん、深いですな。

とりあえず、レイ・チャールズは昨年亡くなってしまいました。
我が知っている曲も劇中にいっぱい流れました。沢山のヒットと沢山の女性、子供、孫に愛されて、最後は幸せいっぱいで天国に旅立ったわけだ。
なんて幸せな人なんだろうって思ったよ。
好きな音楽をやって、みんなに愛されて、成功して人生を終えたんだから。ハンデを克服して成功した彼を「アメリカン・ドリーム」なんて在り来たりな言葉で言いたくないけど、自分の才能だけで成功したレイ・チャールズはアメリカ人の誇りで憧れなんだと思った。
ただ、一つだけ言いたいのは、いくら他にいい作品がなかったからと言って、偉大な人が死んだら全てが「ありがとう!! レイ!!」みたいな感じになるのはどうかな~~。アメリカ人の悪いトコだと思うけど、全員が一斉に奉りたてるんだよね・・・グラミーは流石に退いたよ(溜息)

でもまぁ、本当にジェイミー・フォックスの演技は素晴らしい!! 実在の人物を演じたジョニー・デップとディカプリオに比べたら、研究度もなりきり度もダントツですよ。
ちょっと懐かしいアメリカを見たい、素晴らしい音楽を聞きたいんだったら、この週末にでも「Ray」を観に行ったらいかがでしょうか・・・☆
2005.03.05.Sat 00:34 | 映画 | trackback(0) | comment(0)
キム・ベイシンガー主演の[セルラー -CELLULAR-]を観て参りました~~☆

いやー、都内でもほんの数カ所、しかも2週間ほどしか上映しないということで、ずっと予告を見て気になっていた身としては「何がなんでも見てやるぞー」って気分で行って来ましたよ!!

さてさて、内容ですが・・・
裕福な幸せ家族(旦那…不動産屋、妻…生物教師、息子…小学生)。大きな白い屋敷に住むジェシカはいつも通りに息子をスクールバスまで見送りに行った。そして一旦戻って自分も学校に出勤しようとしていたのに、突如襲って来た黒ずくめの男たちにメイドは殺されて自らは誘拐されることに!!!
ジェシカ自身の車で運ばれた先には高台にある一件の家。その屋根裏部屋に閉じ込められ、「旦那はどこだ!!」と詰問される。旦那との待ち合わせ場所を聞き出すために息子を殺すと脅す男たち・・・閉じ込められた彼女のたった一つの希望は、粉々に壊されてしまった電話機だけ。リード線を懸命に繋げ、やっと奇跡的にかかった電話は、ビーチでチャラチャラと女の子を口説く今時の若者ライアン。ジェシカは悪戯だと思い込むライアンに、10分だけでいいから警察に言ってくれと懇願する―――

まだ公開中なので、内容は一応ここまでっつーことで(笑)

いや~~、有名な俳優はキムと巡査役のウィリアム・H・メイシーくらいですよ。まー、日本国内での知名度を考えて短期間、小規模の公開なんだろーけど、この映画はサスペンスとして秀逸ですよ!! なにしろ、携帯電話の使い方がやっぱいててんだよね。タイミングとかがまた・・・
それに、屋根裏部屋で電話相手に1人で演技していたキムがまた素晴らしいんだよ!! 母親の顔、妻の顔が出て、「自分はどうなっても」とは思いつつ、どうにもできないで真っ白な顔になる。泣叫んで、時には犯人たちに逆らいながら、ジェシカの苦しみが続いているんだな。だから、ライアンの電話は彼女にとって唯一の救い。あの部屋でそんな演技をするキムはやっぱり素晴らしい女優だなーってしみじみ思ったよ。
関係ないけど、このファミリーの名前ってマーティン一家。息子の名前がリッキーなのが笑ったよ。「リッキー・マーティンが有名になる前につけたのよ」ってジェシカ談。

電話口から彼女の命が本当に危ないことを知ったライアン(クリス・エバンス)がどうにか旦那や息子を助けようとするけど、犯人たちに先手先手を取られてしまう。電話の先のジェシカの沈痛な声に子供で目先のコトしか考えなかったライアンが「この人を助けてあげたい!!」と、人のために動く男になって行くんだよ。今までだったら、面倒臭い、なんでオレが・・・って腰すらあげなかっただろうに、この通話を通じて「責任」というものを身につけるんだよね。まー、多少、若者らしく強引なところはあるけど、劇中でどんどん変わって行く彼の顔が印象的です。

そんな二人の役に立ってくれるようなくれないようなムーニー巡査(ウィリアム・H・メイシー)も良い味だしますよv 恐妻家で退屈な警官に飽きて来ている彼が、引退を考えつつもついつい気になって向いたジェシカの家。なんだかんだと「天職」と信じていたんだろうな・・・不可解なこの事件を追いながら顔が段々締まってくるのがイイですわ~~。
しかし、見た目が「ダメ警官」なだけに、「屈強な犯人相手に大丈夫なのかな、この人」と思わせるとこもイイ。大体、今までの警官人生で1発も発砲しなかったのに、引退を決意した途端、この1日でぶっ放してしまった弾の数って!!(笑) 人の人生にはなにがあるか解りませんなー。

まー、この物語は誰が正義で誰が悪で・・・ってゆーとこも二転三転あったりして、最後まで手に汗握ります。アメリカ映画お得意のカーチェイスはないけど、ドンパチはあるし、トリッキーな逃走があったりして最後まで見逃せないっスよ!!

「セルラー」は公開期間が短いんで、この期間には無理って人はDVDが出たらレンタルしてみてくだされ~~。絶対に後悔しない2時間だと思いますよー☆

タイムアップか・・・明日は「レイ」の感想を書くでありますよ!!
2005.03.04.Fri 00:13 | 映画 | trackback(2) | comment(0)
砂の忍びキタ~~~ッ!!!

いやー、来ました☆
まだかまだかと指折り数えていた砂の助っ人たちが来てくれました~~v
いやー、WJではもう風影となってしまった我愛羅だけど、やっぱりかっこいいなー♪ ナルトによって自分の指針を取った我愛羅って泣かされましたよ(感涙) あの彼の口から「守る」なんて台詞が出るなんて・・・かーさん、感激!!(誰のだよ…)

さてさて、WJの話は放っておいて…。
あー、本当だったら映画の感想を書こうと思ったんだけど、眠いし時間ないしでタイムオーバー。映画のことは明日書くとして、本日は「NARUTO」のアニメの感想なのら~~。

でもさー、我のラブなシカマルってどーして女のと絡みが多いんだろ(涙) まー、キバみたいにカンクロウに助けられるのもつまらないけど(美醜的にね。人は好きですとも!!)、シカマルは男相手のがもっと詰めた戦い出来たんじゃないかなーと思うと微妙ダス。
んでも、テマリの豪快な性格って好きだなー。(シカマルとはくっ付いて貰いたくないけどねv)
3人の登場の仕方だけど、アニメの演出的にとても良かったと思えるね。「NARUTO」ってよく漫画のコマ割りがまんまカットとして出てくるよね~~。まー、原作は構図がいいし(何様だよ、我は…汗)流れが映像みたいにして見せているから、実際にアニメで動くのに利用しやすいんだと思うわ~~。

まー、我的には我愛羅ですよ!!!
君磨呂と我愛羅の戦いが見物なんでございますよ!!! いやー、来週からは見逃せませんよ!!(絶対しないけどさ)

関係ないけど、リーくんの復活と酔拳は嬉しいわぁ~~v
過去の居酒屋の回想シーンで、イヤイヤながらリー君を拘束するネジを見れて幸せだった(笑)
そーだよ、早く今のネジをWJで見せてくれぇ~~!!(結局、最後はこれですかい・・・)
2005.03.03.Thu 01:02 | NARUTO | trackback(0) | comment(0)
じょ、女装ですか~~~っ!?

ってゆーかさ、花嫁奪還はステキですよ。
乙女の夢ってゆーか、少女漫画とメロドラマの王道ですよ・・・
好きな男が(女装だけど)現れて、手に手を取って攫って行く・・・はぁ~、ロマンティックですなぁ(惚)
それまでは虚ろになって「もうどーでもいいわモード」だったユージェニーだけど、ポッと頬を赤らめちゃってさ~、はー、乙女だねぇ。
(頬を赤らめたのがアルベールの女装を笑ったんだとしたらウケるのにな・・・笑)
ぺッポがマリー・アントワネットのことを言いながら登場した瞬間、我の頭にはベルばらの絵が浮かんでしまいまちたv (ベルばらも大好きなのら~~!!) 

―――まぁ、いいですよ。
若いカップルを不幸にさせるシーンは我も見たくはないですよ・・・でもね!! それがフランツの不幸の上に成り立っていると思うとっ!!(激怒)
「あんたたち、そんなにイチャイチャすんじゃないわよ!!」と小1時間説教したくなるわなー。

でもさ~、今回のタイトル「さよなら、ユージェニー」とか言うから、「えっ!? 彼女もやっぱり死んじゃうの!?」って思ってたよ。お別れってこーゆーこと(旅立ち)だったんね・・・(笑)
流石の伯爵も彼女の飛行機を撃墜することはしなかったな~と思ったり(苦笑)

フランツの手紙には泣いたよ・・・。「永遠にアルベールの心と友に」って!!! 憎むなって・・・どこまで出来た男なんだよフランツはっ!!!
くそ~~、アルベールの胸よりも、我の心に焼き印を落としましたよフランツ!! 我の心の中にも永遠に住まうだろうな(号泣)
彼の生きざまは「走れメロス」のセリヌンティウスなんて比にならない自己犠牲と友情がありますよ。もーね、中学の国語の教科書に載せて欲しいね。
「友達の幸せのために自ら犠牲になり、なおかつ、恨みを抱くなという広い心を持つ少年」と、広辞苑に「フランツ」って単語を載せて頂きたい!!


ユーとアルが逃げる時に、幼少時代のフランツ出たやん。あの揃った前髪が「ぼっちゃん&真面目」してて可愛いよーうvv
ああ・・・可愛いフランツ見たら、青年になったフランツ、中年になったフランツ、壮年になったフランツ、老衰間際のフランツ・・・と色んな彼を見損なったとこを思い出し、グーンと伯爵憎いという気持ちが溢れて来たよ!!
フランツは「憎んじゃダメ!!」ってゆーけど、我は成人君子には程遠い心を持っているんだわいな・・・反省。

なんかさー、ぺッポといいフランツといい、アルベールってどうして無償でこんなに愛されるんだろ??
見返りを期待しない気持ちってのはしんどくないのかな? ある意味、辛い片思いを経ているから、「たとえ隣にいるのが、彼の瞳に映るのが自分でなくても、彼には笑っていて欲しい」って思えるんだろうか・・・。
どっちにしても切ないよ。黙ってユージェニーを結婚させれば、実は男ってのを省いても傷付いたアルとそい遂げられるかも知れないじゃん。

しっかしあれだね!!
男がバラ風呂ってキモ~~~ッ!!
まー、男のくせに縦ロール入っちゃうとこで十分キモいけども、血や嫌がる女を見て恍惚となる男は最悪ですよ(いや、女でも最悪だけどさ)!!
結婚していたらDVな毎日は間違いないね。ある意味、殺されるよりも地獄かも知れない・・・ガクガク。

ともあれ、ゴールは確実に見えて参りました。
ラストはどーなるのか・・・俄然想像が難しくなって来たけど、最後まで見届けようと思ってます。
仮眠取ってリアルタイムで見るのもあと少しか・・・(溜息)

関係ないけども、Winの友人ずこのブログが文字が乱れて見えないと言われた・・・我はMacなのでどーなっているのかは解らないんですけど、読めなかったらゴメンなさい~~(ペコリ)
2005.03.02.Wed 03:04 | 巌窟王 | trackback(1) | comment(3)
「ブリザードアクセル」が次週から連載開始!!

うわ~~、どビックリしたダス。
以前、読み切りでやったフィギュアスケート漫画が次週から連載することになりました~~~!!
いやー、WEBアンケートでも強力プッシュしていたんで、我ってば激烈にウレシーのだvv
執筆するはWJで「ライジングインパクト」というゴルフ漫画を描きたくもないのに編集に無理に描かされていた描いていた鈴木央センセイですぅ~~☆

つかさー、先日のWEBアンケートでまたも「中学で魔球とか打つものじゃなくて、本格的に世界を舞台に活躍するテニス漫画が見たい」って描いたばっかなのに(※)、次次週には「ファンタジスタ」を描いていた草場センセによるテニス漫画が始まるとか・・・・
※昨年に続いてニ度目のテニスリクエスト。我は言いたいことや文句、ダメ出しをWEBアンケートに書くんだな~。金払って読んでいる者の当然の権利であります!! ちなみに「終って欲しい連載」も書いて送るのだぁ~~(闇)

しっかしさぁ~、ここまでアンケートに書いたことが実現して行くなんてさぁ・・・笑い。
おいおい、サンデーよ。ここまで我の思い通りに進んでしまってていいんですかい?
・・・にゃーんて心配しちゃったりして(笑)
こーなると、プレゼントに外れても、アンケートはちゃんと読んでいてくれてるんだなーと、またまた好感度に転換するから、読者と言うものは単純です。

ともあれ、連載物の感想の前に次週からの新連載を喜ぶjoeなのです(笑)




●焼き立て!! ジャぱん
冠のヤクザの組長就任がなくなったのが、まさか「漢」の器を大いにアピールし続けたマツケンのお陰とは・・・!!
つか、組員ひと束をコテンパンにできる彼ってばス・テ・キv
でもさー、冠の兄弟対決(異母兄だけど美兄弟だよなー)を、和馬は一度も起きず、見ることはなかったなぁ・・・(笑)

●クロザクロ
夏目センセには珍しく、「クロザクロ」ってばキャラがイケメンでフォーメーションタイプでとっても良いです。
このまま行ったらアニメ化しても面白いなーって感じ。キャラに重複がないし、やっぱり魅力あるよな~~。
なにげに主人公の幹人くんが可愛いんだわ(笑) しかし続きがめたくそ気になるぅ~~。やっぱ、コミックス買うカナ・・・

●道士郎でござる
タイトルには「道士郎」とあっても、全く存在感がイマイチで、ストーリーのメイン道を進んでいないよね。でも、道士郎よりも健助がぐっと前に出てからのが面白い。あの本当は気弱なのか、それとも大物なのか解らない、いざとなった時の腹の括り方がたまらなくいいっス。
しかし、上納金集める学校・・・最悪だのぅ。

●最強! 都立あおい坂高校野球部
田中センセの動きのアル漫画はやっぱりスポーツ向き・・・なんだけど、宝田を今後絡ませる予定がないんだったら、この試合は何週にも渡る必要はないなーと思ったり。
ま~、禿げ割れ眉のこーちんが出たとこで、この試合はMAXだなーと思ったがね~~。
なにゲにキャッチャーの松方気になるんだけど、眼鏡取ったら寄り目だったらイヤだなぁ・・・

他にも色々あるんだけど、語るとしょーもないな。
今週のミノルはイマイチだったけど、ここんとこマルチヒット炸裂だったんでいいかなーと思ったり。(何様だよ我…笑)

WJは「NARUTO」と「HUNTER × HUNTER」だけ立ち読んだけども、ハンターって最早「WJ開いて掲載していたら今週はラッキー」ってゆー、ツチノコ発見に似た感情を持つようになったんですけど・・・(笑)
でも「NARUTO」は我愛羅がステキだったv ああ、是非是非、同じく上忍になったネジを! 日向ネジを我に見せて下さい~~~!!

知らずに仮眠取っちゃってこんな時間に元気~(照)
2005.03.01.Tue 02:48 | サンデー感想 | trackback(0) | comment(0)






<< 2005.03 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ENTRIES
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENTS
TRACKBACKS
LINKS
PROFILE

joe
【生息地】
ペコポンの日本、東京に滞在中。

【生態】
漫画・音楽・アニメ・映画・スポーツが好きなペコポン人。噛み付きませんが毒は吐きますヨ~。
楽しいことがトコトン大好きv 欲望にはどこまでも忠実でありま~す!!
どちらかと言うと「乙女心」ってヤツが全く理解出来ていません。

【餌】
スイーツ(チョコ&ケーキ)と寿司、イタリアンとフレンチはコースで食べたい派。最近はスペイン料理に心を奪われている…

【特徴】
独りで勝手にハマッて友達等に布教(熱弁)しるのが悪い癖…みたいっスよ。
理性のブレーキ部分が脆弱で、ついつい散財してしょーもないコレクションが半端に溜まってるらしい。

【弱点】
色男&金髪&かっこいい&影のある男&誠意がある&遂行力のあるイイ男にすっっごく弱い。

【嫌い】
煙草とバカと非常識。虫全般と不味い御飯。緑茶。

【コメント】
なんか、我はどうもブログが長文で、右部分(こっち側ね、こっち)が異様に余るんだよねぇ…。貧乏性だからスペース空いているとどうも落ち着かんわ~ってコトで、意味もなくプロフィールをダラダラと書いてみたヨw
しっかし、こんなに長文なブログでいいんだろうか…でも知らない間にずんずんと長文で語っちゃうんだよ。まあ、長い時は「面白くてjoeの思い入れたっぷり」ってことなんで、推薦基準になってるカモ??
ともあれ、このブログは暇な人だけ読んでくだされば結構ですだ~。
コメントは有り難く頂戴しますが、誹謗中傷や殺傷力のある悪意コメントはIP保管で削除するっス(アク禁もするヨ)。はいはい、ごめんなさいよ~。

********************
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。