FC2Blog | RSS1.0 | ログイン | 投稿 

digit@l cowboy BLOGstyle

連日放送しているアニメの中から、ジョーの感想をアホのように語るブログ。 アニメ・漫画・映画・スポーツ・ゲーム…と興味はいっぱいv TB・コメント・無断リンクも大歓迎でありま~~す!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
ついに10話になりましたよ、「シュヴァリエ」。
ちょっと頭痛がしたから、今日は感想どうしようかと思ったんだけど、やっぱり頑張ることにしたっス~~。

いつもよりは「あっさり仕様」で書くつもりですが、相変わらずのネタバレっぷりだと思うで、そこんとこ注意です~~。


デオンたちの活躍により、エリザヴェータ暗殺計画が阻止された。
首謀者として捕らえられたベストゥージェフだったが、その口から関係者の名前が明かされることはなかった。
結局はボロンゾフを捕らえるしかないと、女帝直々に捜査許可が下りる。
その場にいた衛兵隊長はいい顔をしなかったが、女帝にデオンはリアと同じで、ルイ以外の君主は持たないので安心しろと言われるのだった。(まー、メンツもあるので、衛兵隊の協力は有り得ないだろう……)

そして、自分に危険が近づくピョートルは、エカテリーナへの暴言、暴力が増すばかり。
傷だらけで怯える妻を後にし、廊下で待つロベスピエールに驚いた。
ロベスピエールはピョートルは王にするための助力を申し出る。少なくとも、全てを妻エカテリーナのせいにして逃げるよりはマシなシナリオだと……。
短慮で愚かなピョートルは、ホイホイとロベスピエールの口車に乗るのだった。

追われる身となったボロンゾフは、カリオストロとロレンツィアのもとに身を寄せていた。
「革命」の意味よりも金を重視するカリオストローとは相見えない性格らしく、ボロンゾフの失態と面白可笑しく話すカリオストロを余所に、ボロンゾフは淡々と手紙を書いていた。
手紙をロレンツィアに託し、部屋を出ようとするボロンゾフにカリオストロがついて行こうとする。
また、ロレンツィアは新たな詩編をボロンゾフに託すのだった。

その手紙は四人のもとに届けられた。
表に詩編の書かれた手紙を見たデオンは、ボロンゾフからの誘いに乗ることになる。
また、時同じくして、新しい議会についてエリザヴェータがついに明らかにした。旧議員たちの前に発表した後で、甥であるピョートルが慌てて走り寄って来る。何事かと眉を寄せた女帝に、彼は「ボロンゾフを見つけた」と報告した。

デオンたちが手紙に書かれた場所へ出向くと、そこにはボロンゾフが待っていた。
デオンとボロンゾフは一対一の決闘に出る。
激しく剣が交わされ、その様子をデュラン、テラゴリー、ロビンが見守る。そして、その姿を遠くからカリオストロとロレンツィアが見守るのだ。
戦いは建物の中に入ってなお続く。
「なぜ己の忠誠に背いてまでも……(女帝を殺そうとしたのか)」と問うデオンに、「騎士としても誇りを失わないためだ」と返すボロンゾフ。
お前が姉リアを殺したのかと問うと、ボロンゾフは自分ではないと言ったものの、その犯人の名を言うことはなかった。

パリの女性たちを殺したのも、リアが殺されたのも、全ては「王家の詩」を読み解くのに必要だった……

更に奥の扉へと逃げ込んだボロンゾフにデオンも続く。
しかし、その扉は二人を飲み込んだ後でかたく閉じ、三人の仲間の追従を許さなかった。
それとごろか、今まで佇んでいた甲冑のオブジェが動きだし、三人に襲いかかろうとしていたのだ。
剣を抜いたテラゴリー。「どいつも先生より年期があるみたいだな」と、こんな時でもデュランは冗談を言ってみせるのだった。

ボロンゾフと対峙するデオン。
リアの怒りがデオンの意識を凌駕しようとしていたが、姉に変わるとボロンゾフに問いただすことが難しくなってしまう。
出来る限り自己を保とうとするも、リアは再び降り立ってしまった。

リアの深い憎しみの感情を感じたロレンツィアは苦しみもがくのだ……

しかし、本当の窮地は別の地で起こっていた。
議会へ改革の声明を出して来た女帝は、意気揚々と愛人たちの元へと駆けつけた。
彼らがつくテーブルに付き、今後のことについて話そうとしたとき、同胞と言う名の「愛人たち」の異様な変化に気づく。

愛人たちの顔はみな土気色し、びくりとも動かないのだ。

ゆっくり見回したエリザヴェータが見たのは、血文字の詩編が書かれた壁と、それに寄りかかるロベスピエールの姿だった。

「お久しぶりです」と、物腰柔らかいロベスピエールに、女帝は全てを察したようだった。
かつてフランス国王の婚約者であった、ロシアの女帝の血を欲しいという。
「生き血でなければならないのが残念です。せめて愛していた者たちの手で……」と、ガーゴイル化した愛人たちが一斉に女帝に襲いかかった。(この時の様子ったら、「バイオハザード」で死んで行く感じだよね……。死に方としては前回に死んでおいた方がマシだったなーって思ったよ……涙)

飛び散った飛沫を掬い、ロベスピエールはそれを真っ白なページに落とす。
一瞬に燃え上がったページに、一体何があるのだろうか・・・。


ちょ、ちょっとぉ~~~!!!

歴代No.1のイイトコで「続く」ですよ~~(涙)
デオンたちは女帝があーなっちゃっているの知らないしさ、明らかに前進じゃなくて後退ですよ~~(涙)
やーっと、ロベスピエールが動いたと思ったら、今までで一番酷い方法取ってるやんけ。なんつー、えげつないヤツだよ~~。良い男だけに、この非道さっつーのが切ないわ~~。やっぱり、リアを陥れて殺したのもヤツとしか思えんね!!!

さてさて、今回の「オアシス」は、やっぱりデュランとテラゴリーのやり取りですな。
宮廷を自由に歩き、ロシア人の視線をびしびし感じていた時のやつ。
デオンに熱い視線を送る女官のことをからかったデュランだけど、ロビンに「あちらの方はデュラン様を見てますよ」って言われて、喜んで振り向いたら……おっ、男じゃんか~~~!!!
「何事も経験」とアドバイスするテラゴリー。
ひ弱な男から送られる、じぃ   っと熱い視線に、デュランは引きつりながら挨拶して逃げるしかなかったのだった~~~。

あー、どんどんとシリアス度が増している中、そーんな三人の一種「ほのぼの」としたトコは有り難いっス。
でも、来週からどうしようね……エリザヴェータも亡くなってしまって、後ろ盾無くなっちゃったのに、どう動いたらいいんだろ~~。はぁ。

つか、気づいたらやっぱり、今夜もレポが長かった……orz
スポンサーサイト
2006.10.21.Sat 23:30 | シュヴァリエ | trackback(0) | comment(0)
<< 2017.06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ENTRIES
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENTS
TRACKBACKS
LINKS
PROFILE

joe
【生息地】
ペコポンの日本、東京に滞在中。

【生態】
漫画・音楽・アニメ・映画・スポーツが好きなペコポン人。噛み付きませんが毒は吐きますヨ~。
楽しいことがトコトン大好きv 欲望にはどこまでも忠実でありま~す!!
どちらかと言うと「乙女心」ってヤツが全く理解出来ていません。

【餌】
スイーツ(チョコ&ケーキ)と寿司、イタリアンとフレンチはコースで食べたい派。最近はスペイン料理に心を奪われている…

【特徴】
独りで勝手にハマッて友達等に布教(熱弁)しるのが悪い癖…みたいっスよ。
理性のブレーキ部分が脆弱で、ついつい散財してしょーもないコレクションが半端に溜まってるらしい。

【弱点】
色男&金髪&かっこいい&影のある男&誠意がある&遂行力のあるイイ男にすっっごく弱い。

【嫌い】
煙草とバカと非常識。虫全般と不味い御飯。緑茶。

【コメント】
なんか、我はどうもブログが長文で、右部分(こっち側ね、こっち)が異様に余るんだよねぇ…。貧乏性だからスペース空いているとどうも落ち着かんわ~ってコトで、意味もなくプロフィールをダラダラと書いてみたヨw
しっかし、こんなに長文なブログでいいんだろうか…でも知らない間にずんずんと長文で語っちゃうんだよ。まあ、長い時は「面白くてjoeの思い入れたっぷり」ってことなんで、推薦基準になってるカモ??
ともあれ、このブログは暇な人だけ読んでくだされば結構ですだ~。
コメントは有り難く頂戴しますが、誹謗中傷や殺傷力のある悪意コメントはIP保管で削除するっス(アク禁もするヨ)。はいはい、ごめんなさいよ~。

********************
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。