FC2Blog | RSS1.0 | ログイン | 投稿 

digit@l cowboy BLOGstyle

連日放送しているアニメの中から、ジョーの感想をアホのように語るブログ。 アニメ・漫画・映画・スポーツ・ゲーム…と興味はいっぱいv TB・コメント・無断リンクも大歓迎でありま~~す!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
映画です。
超絶ステキな男、ジョニー・デップです☆
本日のお題は「シークレット・ウィンドウ」ですヨ。原作がベストセラー作家のスティーブン・キングだすな~。

いやはや、やっぱりジョニーはいいよv
なにがいいって、変幻自在なところ。確かに画面の中にいるのはジョニーなんだけど、同時に作家であるモートでもあるんだよね。某俳優みたいな「なにやってもお前」ってのとはちょっと違うのさ。
で、内容だけども、妻に浮気されて離婚の手続きの渦中にあるモートは山小屋みたいな家で、愛犬とたまにくる家政婦だけを相手にして孤独に暮していた。妻だった女は恋人と新しい生活を始めていて、モートはちっとも進まない原稿の前にぐだぐだしていたんだな。
そこに現れたのがシューターという男。
モートが過去に発表した作品は自分の小説の盗作だと言い張り、またその原稿を置いて行くんだよ・・・。
最初はただの嫌がらせだと思ったモートだけど、一言一句と同じ文、内容に尋常でない不安を覚える。過去に一度だけモートは盗作をしたことがあり、その事実が彼を混乱させて行くからだった。
執拗にモートを追い詰めて行くシューター。後がなくなった時に、振り返ったモートの目に映ったのは衝撃の事実だった・・・・という訳。
ま~、ラストもエピソードも映画が上映中なのでここまで!! できるだけ劇場で見て欲しいと思う。

スティーブン・キングの作家ネタと言うと「ミザリー」を思い出す。あれも思い込みが激しい読者の行き過ぎた行為だった訳だけど、通ずる怖さはそれ以上だったりしる。主人公がとってしまう思慮のない行為も、ラストになると「ああ、そうだったのか」とちゃんと解る。
リアリティと空想の両世界に全身を浸からせている作家だけに、あーゆー結果が待っていたんだとね。

なんともドキドキの時間を過ごせた映画だったよ。次の映画は「キャット・ウーマン」を希望っ!!!

スポンサーサイト
2004.11.02.Tue 07:19 | 映画 | trackback(0) | comment(0)
<< 2017.07 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ENTRIES
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENTS
TRACKBACKS
LINKS
PROFILE

joe
【生息地】
ペコポンの日本、東京に滞在中。

【生態】
漫画・音楽・アニメ・映画・スポーツが好きなペコポン人。噛み付きませんが毒は吐きますヨ~。
楽しいことがトコトン大好きv 欲望にはどこまでも忠実でありま~す!!
どちらかと言うと「乙女心」ってヤツが全く理解出来ていません。

【餌】
スイーツ(チョコ&ケーキ)と寿司、イタリアンとフレンチはコースで食べたい派。最近はスペイン料理に心を奪われている…

【特徴】
独りで勝手にハマッて友達等に布教(熱弁)しるのが悪い癖…みたいっスよ。
理性のブレーキ部分が脆弱で、ついつい散財してしょーもないコレクションが半端に溜まってるらしい。

【弱点】
色男&金髪&かっこいい&影のある男&誠意がある&遂行力のあるイイ男にすっっごく弱い。

【嫌い】
煙草とバカと非常識。虫全般と不味い御飯。緑茶。

【コメント】
なんか、我はどうもブログが長文で、右部分(こっち側ね、こっち)が異様に余るんだよねぇ…。貧乏性だからスペース空いているとどうも落ち着かんわ~ってコトで、意味もなくプロフィールをダラダラと書いてみたヨw
しっかし、こんなに長文なブログでいいんだろうか…でも知らない間にずんずんと長文で語っちゃうんだよ。まあ、長い時は「面白くてjoeの思い入れたっぷり」ってことなんで、推薦基準になってるカモ??
ともあれ、このブログは暇な人だけ読んでくだされば結構ですだ~。
コメントは有り難く頂戴しますが、誹謗中傷や殺傷力のある悪意コメントはIP保管で削除するっス(アク禁もするヨ)。はいはい、ごめんなさいよ~。

********************
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。