FC2Blog | RSS1.0 | ログイン | 投稿 

digit@l cowboy BLOGstyle

連日放送しているアニメの中から、ジョーの感想をアホのように語るブログ。 アニメ・漫画・映画・スポーツ・ゲーム…と興味はいっぱいv TB・コメント・無断リンクも大歓迎でありま~~す!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
心が壊れて行く・・・。
足場のない闇にゆっくりと沈んで行くアルベール。
伯爵のことを憎みつつ、親友を死の場へと向かわせて自分が許せないでいる。

母を恨み、行く当てもなく家を飛び出したけど、アルベールの状況は昔とは全く違っていたんだなー。
父の失脚から貴族でもなくなった彼を憲兵が嬲るは、馬鹿にするは、ボコッて痛めつけ、気絶したらバイクまで奪うという・・・。まさに天国と地獄。社会的な転落ってヤツですよ・・・階級社会って辛い(涙)

でも、気絶して見れた幸せだった日の夢・・・。
あの日と変わらないフランツの笑顔がそこにあった。
大好きな人たちに囲まれて青タン目立つ顔に笑みを漏らしたのも束の間。現れた伯爵がアルベールの笑顔を奪うのだー。
フランツを殺したのは伯爵なのか、それとも自分なのか…自責の念に襲われるアルベール。夢の中で伯爵を刺した剣は、知らぬ間にフランツに穿たれていた・・・。
「死ぬな!! フランツ!!」
フランツの名を何度も呼びながら覚醒したアルベールを心配して見ていたのは友人ルノーだった。
眼鏡のどこか愛嬌ある友達はアルのバイクも取り戻し、屈託のない口調でアルベールの気持ちを解そうとする。

今のアルベールにあるもの、それは友達だ。
友達の存在は本当に有り難いもんだよね・・・しみじみ。
フランツという大親友は失ってしまったけど、彼のために手を貸そうとする友達がまだいる。崩れかけた心を優しく張り合わせてくれる友達はなによりも救いじゃないかな。

死んだフランツをルノーは羨ましいと言った。
きっと、「誰かのために自分を犠牲にできる勇気」と「互いに深く結びついた信頼」が羨ましいんじゃないかな…。

ルノーは自分もアルベールの「親友」だと言ったけど、それは本心。
本当の友情ってのは、互いが窮地に陥った時に手を差し伸べられる相手だと思うからね。
辛いけど、自分はまだ独りじゃない―――そう感じることの素晴らしさがあの草原にあったと思う。

今回の、「たとえ、僕が僕でなくなったとしても」では、ついにユージェニーの父にも伯爵の復讐の鉄槌が振り落とされました。アンドレアとの結婚を強制されて、彼女はついに「親の愛」の真実を知ってしまうんだな。
アンドレアに襲われて、自分自身にいよいよ降り掛かって来た不幸。優しいユージェニーはどう立ち向かって行くんだろう。
まー、きっとボーシャンやドブレーたちが助けてくれるのかも知れないけどさ・・・なんだかんだ言って「友達思い」じゃん。

それでもね、アルベールに自分と同じ「愛する者を奪われる気持ち」を味あわせようとする伯爵は立派ですよ。
エデを追い払い、独りで復讐の全てを締めくくろうとする。それはきっと伯爵自身の死でもって完結するんだろーけど、やっぱり我としては「救い」が欲しいんだよね。
巌窟王としての力、伯爵の力の前ではアルベールたちはコワッパでしかないけど、やっぱり真直ぐな気持ちが強大な力の前で折れるのは見たくないじゃん。

心を既に殺してしまった伯爵と、壊れそうな心のアルベール。
結局最後まで自分を捨てないでいる者が勝つって信じたいな。じゃないと、自分の全てを賭けてアルベールを生かしたフランツが可哀想すぎるもんな・・・(涙)

そう、結局は我が行き着くのはフランツであります!!!

今回、ハッキリ言って見るのが辛かった。
仮眠もしたけど、どうも30分おきに目が覚めてしまったりしてね。気持ちもすっごくザワついちゃってさ・・・。
だって、フランツのいない「巌窟王」なんて想像もしていなかったんだよね。彼を救いだと信じて見続けていたから、救いがなくなった後でどー見たらいいんだろうなんて悩んじゃってさ~~。

だから、フランツの葬式に出なかったってゆーアルベールの気持ちが良く解るよ。
だってさ、フランツの死は認めたくないんだよね。
満足そうに、微笑んで死んで行ったけど、人は彼を幸せだったと言うかもしれないけど、隣でいつまでも笑っていてくれるだろう・・・と、漠然と未来を考えていたアルベールにとって、親友の不在というのは認めたくないんだよ。
きっと、フランツとアルベールの立場が逆だったら、彼と同じことをしてしまうかもしれないけど、自分のためを思うんだったら死ぬんじゃないって怒りで出て来る。
自分勝手なのは解るけど、大好きな人にはいつまでも一緒にいて欲しいんだよな・・・。


でも切ないよなー・・・。
フランツはアルベールの周りの不幸の連鎖を止められると思っていたんだからさ。
まだ恨みは断ち切れず、ユージェニーまでもどん底に陥れているなんてさ・・・彼の死は一体どうしたら報われるのよ!!!


今回の救いは、メルセデスはユーパパと違って子供は愛しているってことかな。「2人で暮す程度の貯えなら…」ってちゃんとママじゃないですか!!
まー、メルママは伯爵に昔の恋人を求めたんであって、変貌してしまった後では興味も失せたんだろーけどな。尤も、腹を痛めて産んだわが子を殺そうとした伯爵だからね、懐かしい愛は一気に冷めて恐怖になったんだと思うけども。

アルベール、あと数幕でどう変わって行くんだろ。
凛々しい立派な男になれるかな。
いつまでも、彼の側にフランツがいると信じて、我も残りの時間を見守ろうと思いまする~~~。
スポンサーサイト
2005.02.23.Wed 03:16 | 巌窟王 | trackback(0) | comment(3)
<< 2017.09 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ENTRIES
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENTS
TRACKBACKS
LINKS
PROFILE

joe
【生息地】
ペコポンの日本、東京に滞在中。

【生態】
漫画・音楽・アニメ・映画・スポーツが好きなペコポン人。噛み付きませんが毒は吐きますヨ~。
楽しいことがトコトン大好きv 欲望にはどこまでも忠実でありま~す!!
どちらかと言うと「乙女心」ってヤツが全く理解出来ていません。

【餌】
スイーツ(チョコ&ケーキ)と寿司、イタリアンとフレンチはコースで食べたい派。最近はスペイン料理に心を奪われている…

【特徴】
独りで勝手にハマッて友達等に布教(熱弁)しるのが悪い癖…みたいっスよ。
理性のブレーキ部分が脆弱で、ついつい散財してしょーもないコレクションが半端に溜まってるらしい。

【弱点】
色男&金髪&かっこいい&影のある男&誠意がある&遂行力のあるイイ男にすっっごく弱い。

【嫌い】
煙草とバカと非常識。虫全般と不味い御飯。緑茶。

【コメント】
なんか、我はどうもブログが長文で、右部分(こっち側ね、こっち)が異様に余るんだよねぇ…。貧乏性だからスペース空いているとどうも落ち着かんわ~ってコトで、意味もなくプロフィールをダラダラと書いてみたヨw
しっかし、こんなに長文なブログでいいんだろうか…でも知らない間にずんずんと長文で語っちゃうんだよ。まあ、長い時は「面白くてjoeの思い入れたっぷり」ってことなんで、推薦基準になってるカモ??
ともあれ、このブログは暇な人だけ読んでくだされば結構ですだ~。
コメントは有り難く頂戴しますが、誹謗中傷や殺傷力のある悪意コメントはIP保管で削除するっス(アク禁もするヨ)。はいはい、ごめんなさいよ~。

********************
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。