FC2Blog | RSS1.0 | ログイン | 投稿 

digit@l cowboy BLOGstyle

連日放送しているアニメの中から、ジョーの感想をアホのように語るブログ。 アニメ・漫画・映画・スポーツ・ゲーム…と興味はいっぱいv TB・コメント・無断リンクも大歓迎でありま~~す!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
OP無しでいきなり本編かよ~~~ッ!!!

リアルタイムでCMカットを頑張っているjoeですが、抜き打ちでそんなコトされては焦ってしまうではないですか!!
動転して、最初の「アルベール」って台詞は録画できたかできないか微妙なとこですよ!!!(涙)
「どうせDVD買うんだからいいだろか」というツッコミが聞こえるダス・・・(苦笑) それでも意地でも代々アニのCMはカットしたよv

なんということでしょうか!!
この一幕!! 「エドモン・ダンテス」というこの幕に、巌窟王でなく人の子、エドモン・ダンテスとして死んで逝く彼を!! 我々はこの事実にどう感じればいいんだうか!!


・・・と、大袈裟に言ってしまったけど、これが驚かないでいられるかってーのよ!!

余りにも凄まじい一生を送った伯爵が、ただの1人の男として逝きました・・・。
アルベールの持つ魂の一部に、巌窟王が屈したのか・・・失った心臓が再び脈打ち、一瞬にして赤い鮮血が胸に広がった。

不謹慎だけど「美しい」とも言える光景・・・。
死人になった彼の顔は肌色(褐色)で、病的にまで青かった伯爵のものではなかった。

伯爵がアルベールに託したもの。「エドモン・ダンテス」という男の存在を忘れないこと。
闇に封じられ、亡き者として生きていた彼にとっては、アルベールやエデの心の中で生き続けることができるのは、最高の喜びなんたじゃないだろか。
やっぱり一番人間として辛いことは、自分の存在を認めて貰えないことだろうからね・・・。

はい、ここで話は伯爵の死よりちょっと遡りますよ~~。

それにしても、エデ・・・。
危険な男であり、命の恩人であり、同じように屈辱の過去を持つ者として、彼女の伯爵に対する思慕は半端でないと思う。必死に伯爵の凶行を止めようと頑張って縋って懇願するけど、その願いは聞き入られるとこはなかったヨ。
んまぁ、それにアレだよね・・・。
いくら深く慕っていてもさ~、目の前で愛する色男の顔に、あんなに目がポコポコ出て来て光ったりなんてしたら、エデじゃなくて誰だって気絶しますわよ~~(苦笑)
しかも至近距離だしね・・・あれはビックリを通り越して怖いと思うヨ・・・うん、仕方ない。

んで、狂った父は伯爵との直接対決に向かったんですね~。
当然、伯爵を止めようとアルベールはシャンゼリゼに向かい、またエデも止めに向かったワケだけども・・・最早、人でなくなった伯爵に、どう復讐を止めることができるんだろうね~と疑問がたっぷり・・・。

甲冑ロボから降りて、生身で剣を交えるフェルナンと伯爵の間に入って来たエデ。
細い身体で間を遮って、涙ながらに「あなたを愛しているから」と、こんなことは止めて欲しいと乞うエデ。暫し動きの止まった伯爵に、「これはチャンスだ~☆」と卑怯にもエデを人質に取って出るフェルナン・・・(涙)
あちゃー、やっちゃったよ!! 卑怯で汚い手をパパ平気でやっちゃったよ・・・(嘆)

「お前はどこまでも甘いんだ、エドモン!!」と、伯爵を蔑むフェルナン。だけど、伯爵は顔色一つ変えず(いや、元々青いけどさ…w)に逆に高笑いをしてみせる・・・。

おーいおい・・・ベルッチオに銃を突き付けられて人質になってるのは、あなたの御子息(アルベール)ではないでしょうか・・・?(笑)

いやー、流石はアルベールです☆
アルベールはこうでなくっちゃ・・・という感じです!!

父の凶行を止めようと駆け付けたアルベールだけど、ナビしてくれたベルッチオにちゃっかり捕まって、エデとアルベールの人質大作戦!! なんともイヤハヤな状態ですよ~~。
これにはさすがのフェルナンも参った!! 勢いでさっきは妻に続いて撃ってしまったものの、やっぱりアルベールは血を分けた我が子・・・。

息子の命を捨ててでも伯爵を追い詰めるか・・・狂気に歪んでいたフェルナンの顔に、段々と人間にらしい人の親の表情が出て来て、ついにはエデを自ら解放する。
人の心を亡くした伯爵の前で、最後にフェルナンが選んだのはアルベールの命・・・。
やっぱり、どんなにバカでもどーしょーもない男でも、最後の最後に自分の息子の死を選択することなんで出来ないんだなぁ~~。所詮はフェルナンは「人としての欲望」の元に生きていた人であって、欲しかったのは「人の世の成功」だからね。

でーも、フェルナンとは全く違うのが伯爵。
自分の幸せと欲望のために友を地獄に叩き落としたフェルナンに、その息子に、今更どんな想いなど持てようか。
彼は「あっさりと殺しはしない」と宣言した通り、フェルナンを絶望のどん底へ落として、永遠の苦悶をもたらそうとする。

父の罪のために殺される息子。
愛する存在を奪われた絶望の闇―――それが伯爵の望む復讐だったのだ。


だから、土下座して息子の命乞いをするフェルナンに、伯爵は平然とベルッチオにアルベールを撃てと言うわけだ・・・。
心を失った彼には、アルベールはただの復讐の道具にしか過ぎないのだから。

命令され、逡巡するベルッチオ。
焦れた伯爵が自ら鉛を発射する。息子を庇おうとする父は間に合わず、発射した銃弾に崩れ落ちる一つの身体・・・。
けれど、鉛によって倒れたのはアルベールではなく、伯爵を巌窟王にさせたくなかったバティスタンだった・・・(涙)
バティスタンはあれだよね、伯爵を人に戻せるのはアルベールしかいないと信じていたんだろうな。アルベールを失ったら、最後の望みが途絶えてしまうからさ~~。

バティスタンの死を目の当たりにして、アルベールが叫んだ。
人の命より大事なものはなんだと!! 人を殺してまで獲たいものは何なのだと・・・!!
はいはい、ここがポイントですよ!!
フランツが言いたかったことはまさにコレです!!
学年末テストに「巌窟王テスト」があったら、間違いなく出題される大ポイントですよ!!
人の命を奪って獲るもの・・・それにどんな意味があるのか。新たに生まれた憎しみは何所に向かうのか・・・それらは統べてが無意味ではないのか・・・?

うえ~~ん!! アルベールが成長したよぉ~~(感涙)
フランツの死は無駄じゃなかったんだよぉ~~ッ(号泣)
親友の死から、アルベールはちゃんと理解していたんだよね。フランツが伝えたかったことはちゃーんとアルベールの心に届いていたんだよ・・・(涙)
苦しみと憎しみの連鎖を止めること―――それがアルベールがすべきことなんだってね。

だから、アルベールは躊躇わなかったよね・・・。
アルベールの前で完全に巌窟王となった伯爵。
巌窟王はアルベールに問う「お前に友の心が解るのか」と―――。
伸ばした腕で伯爵を抱き締めて、彼の耳に何かを囁いた時に、伯爵の中の巌窟王が苦痛に呻いた。
見る間に顔に貼付いていた醜い目が閉じ、止まったはずの心臓が再び鼓動を始めた。死すら許されず、永遠に闇を生きるだろう巌窟王が、アルベールの前に屈した瞬間だった。
青い顔、延びた牙を消え、伯爵はただの男もエドモン・ダンテスに戻っていたのだ・・・!!!


そして、冒頭にも言ったように、エドモンは死んだ・・・。
愛する伯爵と共に逝こうとするエデだったけど、伯爵が望んでいるのは彼女の死ではなく、彼を覚えていること(=生き続けること)だとアルベールは言った。
崩れて行く城の中で、フェルナンは清々しい顔で立ち尽くす。
自らの罪を認め、尊厳ある死を望んだ父も崩れ落ちる城に残った。今はただの男の屍となった友を見下し、フェルナンは流れる涙と共に死んで行ったよ・・・。
親友同士の再会はやっと死を迎えることで出来た気がする・・・。

んで、モンテ・クリスト伯爵―――エドモン・ダンテスは死んでしまいました。
彼の復讐劇は一応終ったとこになりますな。
彼を裏切った全ての人物には罰が下り、最後の最後に人として死ねた彼を想えば、ある意味、「めでたし、めでたし」と言ってもいいくらいではないでしょうかね~~。
でもね・・・ら、来週なんですよ、最終回は~~~~っ!!!
一体どうなるの!? まー、フランツが生き返るってことはないだろーけど(ガックリ)、後片付いていないことって一体なんだっけ・・・と記憶を手繰って行くんだけど、全く思い付かんのよ!!
うーんうーん・・・今までで一番、次回の内容が予想が出来ないんですけど(涙)

ともあれ、泣いても笑っても来週が最期!!
最期の最期でどうなるのか・・・それはもう制作したスタッフの人しか解らないワケで!!
こーなったら「最期を看取ってやるじゃん!!」と、意気込みたっぷりに迎えるしかないんだなぁ~~。

それでは、マドモアゼル・・・オールボワール!!!
スポンサーサイト
2005.03.23.Wed 05:39 | 巌窟王 | trackback(0) | comment(2)
<< 2017.09 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ENTRIES
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENTS
TRACKBACKS
LINKS
PROFILE

joe
【生息地】
ペコポンの日本、東京に滞在中。

【生態】
漫画・音楽・アニメ・映画・スポーツが好きなペコポン人。噛み付きませんが毒は吐きますヨ~。
楽しいことがトコトン大好きv 欲望にはどこまでも忠実でありま~す!!
どちらかと言うと「乙女心」ってヤツが全く理解出来ていません。

【餌】
スイーツ(チョコ&ケーキ)と寿司、イタリアンとフレンチはコースで食べたい派。最近はスペイン料理に心を奪われている…

【特徴】
独りで勝手にハマッて友達等に布教(熱弁)しるのが悪い癖…みたいっスよ。
理性のブレーキ部分が脆弱で、ついつい散財してしょーもないコレクションが半端に溜まってるらしい。

【弱点】
色男&金髪&かっこいい&影のある男&誠意がある&遂行力のあるイイ男にすっっごく弱い。

【嫌い】
煙草とバカと非常識。虫全般と不味い御飯。緑茶。

【コメント】
なんか、我はどうもブログが長文で、右部分(こっち側ね、こっち)が異様に余るんだよねぇ…。貧乏性だからスペース空いているとどうも落ち着かんわ~ってコトで、意味もなくプロフィールをダラダラと書いてみたヨw
しっかし、こんなに長文なブログでいいんだろうか…でも知らない間にずんずんと長文で語っちゃうんだよ。まあ、長い時は「面白くてjoeの思い入れたっぷり」ってことなんで、推薦基準になってるカモ??
ともあれ、このブログは暇な人だけ読んでくだされば結構ですだ~。
コメントは有り難く頂戴しますが、誹謗中傷や殺傷力のある悪意コメントはIP保管で削除するっス(アク禁もするヨ)。はいはい、ごめんなさいよ~。

********************
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。